テーマ変更によりデザインの崩れがあります

【初心者用】デュオキャンプに必要な道具まとめ。2人で最高のキャンプを始める方法

デュオキャンプを始めるために1番悩むのは「道具選び」

  • デュオキャンプを始めるのに必要な道具は?
  • 初心者におすすめの道具はなに?

と思われている方は多いのではないでしょうか?

そこで、今回は実際にデュオキャンプをしている私が

  • 初心者向けに
  • 難しい言葉を使わずに

デュオキャンプで揃えるべきキャンプ道具を紹介していきます。

▽必要な道具はこちらから▽

それでは、デュオキャンプを始めるために必要なものを準備していきましょう!

キャンプを始めるためには、道具の準備が1番大切で大変な作業です。

リピちゃん

大変だけど、道具選びもキャンプの楽しい時間だよ!

ライカン

かなりのボリュームになるので、気になるところを目次から飛んで読んでみてください!

目次(クリックでジャンプ)

デュオキャンプに必要な道具:【テント・寝室】編

まず、紹介するのは「テント・寝室」に使う道具。

▽必要な道具はこちらから▽

⬆︎いまはここ!!
ライカン

キャンプ場で宿泊するなら、必ず準備したい道具になっています。

テント

テントの種類は大きく分けて3つあります。

それぞれ「設営のしやすさ・快適度・軽さ・収納サイズ」の項目で評価してみました。

スクロールできます
ドームテントの解説
ドームテント
ワンポールテントの解説
ワンポールテント
ツールームテントの解説
ツールームテント
設営のしやすいさ基本的な構造ポールが1つだけで簡単2人以上での設営が基本
快適度寝るスペースは十分狭く感じやすい前室もあり広々
軽さ一般的軽量かなり重量がある
収納サイズ一般的コンパクト大きい
各テントの比較

どのタイプを選んでも、デュオキャンプを始めるのに問題はありません。
デュオキャンプの場合、2人で設営をすることになりますので、、設営が難しいものは避ける方が無難です。

ライカン

それぞれのテント種類別に、特徴を解説していきます。

ドームテント

ドームテントの解説

ドームテントは、テントの中でもスタンダードな性能をしていて、初心者にも扱いやすいテントです。

メリットデメリット
シンプルな構造で設営がしやすい

サイズやグレードの幅が広い
タープが別で必要(前室があるものを除く)
背が低いものが多い

シンプルな構造なので、設営難易度も高くなく扱いのしやすさが特徴になっています。

ライカン

標準的な性能をしており、クセがないのでオールマイティーに使うことができます!

2人用ドームテントでオススメはColeman(コールマン)「BCクロスドーム」

前室があるタイプで、テントの高さもあるので2人でもゆったりと使うことができます。

コールマン(Coleman)
¥22,850 (2022/11/28 22:18時点 | Amazon調べ)

ワンポールテント

ワンポールテントの解説

ワンポールテントはモノポールテントとも呼ばれ、設営が簡単で円錐型の見た目がおしゃれで人気のあるテントです。

メリットデメリット
設営が超簡単
収納サイズもコンパクトで軽量
見た目がオシャレで可愛いものが多い
タープが別で必要
壁が斜めなので中の居住スペースが狭い

設営がとても簡単なタイプなので、手軽に立てれれるテントを探されている方にはオススメのタイプ。

ライカン

設営のカンタンさと、オシャレなデザインが人気なタイプだよ

エクスカーションティピーⅡ

筆者が使っているのは、Coleman(コールマン)の「エクスカーションティピーⅡ」

コットン風の生地がカッコよく、高さが200cmあるので中での着替えがしやすいワンポールテントです。

コールマン(Coleman)
¥17,717 (2022/11/30 20:38時点 | Amazon調べ)
ライカン

デュオキャンプにおすすめなワンポールテントはこちらの記事でいくつか紹介しています↓

ツールームテント

ツールームテントの解説

ツールームテントは、寝室と前室がセットになっており室内空間が広く快適さNO.1のテントです。

メリットデメリット
前室があるのでタープがいらない
室内空間がとても広い
虫除け・雨対策もできる
夜間のセキュリテイも高い
1人では設営が難しい
収納サイズ・重量が大きい

寝室+前室とテント内の空間がとても広く、プライベートな空間を楽しむことができるタイプ。

ライカン

大型テントになるので、設営は大変だけど快適性は抜群!!

筆者が使っているのは、snow peak(スノーピーク)のエルフィールド」

オールシーズン使うことができるタイプで、デュオキャンプの場合かなり広々と使うことが出るツールームテントです。

スノーピーク(snow peak)
¥90,200 (2022/11/30 21:48時点 | Amazon調べ)
ライカン

デュオキャンプにおすすめなツールームテントはこちらの記事でいくつか紹介しています↓

設営道具

ペグやハンマーなどの、テントやタープを設営するときに使う道具の紹介です。

ペグ

ペグ ケース

ペグには『テントやタープを地面と固定させる』という役割があり杭のようなものです。

テントを購入したときに付属でついてくることがありますが、強度が弱いものが多く硬い地面だと使えない可能性もあるので、別で購入しておくのがおすすめ。

ライカン

風などに煽られて倒れないためにも、テントやタープを立てるなら必ず準備しましょう!

筆者が使っているのは、snow peak(スノーピーク)の「ソリッドステーク」

ソリッドステーク

鍛造作りで初心者でもガンガンと硬い地面に打つ事ができるので、一般的なキャンプ場で使えない場面はありませんよ。

スノーピーク(snow peak)
¥2,494 (2022/11/27 21:10時点 | Amazon調べ)
ライカン

ほかにも、初心者におすすめペグはこちらの記事で紹介しています!

ペグハンマー

ソリッドステークとPRO.S

ペグを打ち込むために必要なのが頑丈なペグハンマー。

素手でやろうと思うと大変ですし怪我をする可能性もあるのでペグハンマーはペグと合わせて準備しておきましょう。

ペグハンマーはヘッド(先端部分)素材によって、打ちやすさや重量・丈夫さが違ってきます。

素材によって性能差がありますが、ペグを鍛造などの金属製を選ばれたなら、ペグハンマーも金属製で合わせて使う方がいいです。

ライカン

打ち負けないように、ペグハンマーも頑丈なものにしましょう。

筆者が使っているのは、snow peak(スノーピーク)の「PRO.S」

鍛造で作りがしっかりしていますし、ペグ抜き機能も付いているのでペグハンマーとしては最高峰の逸品です。

スノーピーク(snow peak)
¥4,400 (2022/11/27 21:13時点 | Amazon調べ)
ライカン

ほかにも、おすすめペグハンマーはこちらの記事で紹介しています!

寝具

寝室・寝袋

宿泊するなら、寝具関係の道具はしっかりと揃えておく必要があります。

ライカン

寝心地と寒さ対策は万全にしましょう!

寝袋

寝袋には、カタチによって2つの種類があります。

寝袋の形

どちらの形でも問題ないので、それぞれの特徴を見ながら自分達にあったタイプを選びましょう。

ライカン

「快適使用温度」を参考にしながら、キャンプに行く季節にあったものを選ぼう!

筆者が使っているのはColeman(コールマン)の「マルチレイヤースリーピングバッグ」

春・夏・秋の3シーズン使えるタイプで、封筒型なので家庭用の布団と同じように使うことができます。

マット

マットは、寝心地を快適にしてくれることや地面からの底冷えを防ぐことができるアイテム

ライカン

これから選ぶ方だと、次の2種類がおすすめ!

  • 折りたたみ式
  • インフレーターマット
折りたたみ式
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥2,273 (2022/11/30 22:33時点 | Amazon調べ)

クッション性のある、折りたたみ式のマット。

寝心地はイマイチですが、値段も安価なものが多く耐久性が高いのが特徴です。

メリットデメリット
折りたたむだけで使える
耐久性が高い
値段が安いものも多い
あまりコンパクトにならない
寝心地は他のタイプに劣る
インフレーターマット

自動で空気が入り膨張するマット。

ほったらかしておくだけで、勝手に膨らんでくれるのが特徴です。

メリットデメリット
自動膨張で手間がかからない
快適性もある
パンクの可能性がある
空気が入るのに時間がかかる

デュオキャンプに必要な道具:【リビング】編

次に紹介するのは、「リビング」に使う道具。

▽必要な道具はこちらから▽

⬆︎いまはここ!!

キャンプで1番長く過ごす場所になるので、のんびりとくつろいだり食事を楽しむためのアイテムを揃えていきましょう。

ライカン

リビングアイテムは、道具の高さを意識して揃えるようにすると、見た目も使い勝手も良くなるよ!

  • ハイスタイル→調理や作業がしやすい高いスタイル
  • ロースタイル→くつろぎやすい低いスタイル

デュオキャンプのおすすめは、くつろぎやすいロースタイルです。

テーブル

アウトドア用テーブルがあると、荷物を置いたり・料理を作る時にも作業やバーナーなどを使って調理をすることができます。

  • くつろいだり、ご飯を食べるためのメインテーブル
  • 荷物を置いたり、料理をするための作業テーブル

この2つを準備してキャンプに行くといいと思います。

アウトドアテーブルの1番のおすすめはUNIFLAME(ユニフレーム)「焚き火テーブル

UNIFLAME 焚火テーブルの外観

熱や汚れ、キズに強いので料理を作るために使う作業テーブルとして最適です。

ユニフレーム(UNIFLAME)
¥7,900 (2022/11/28 22:21時点 | Amazon調べ)
ライカン

ほかにも、デュオキャンプ用おすすめテーブルはこちらの記事で紹介しています!

チェア

チェアとテーブルでデイキャンプ

チェアは形や種類によって「座り心地・寛ぎやすさ・作業のしやすさ」が変わってきます。

ライカン

デュオキャンプだと2つ必要になるから、お揃いや色違いで合わせるのがおすすめです。

コンパクト・軽量なチェアを探されている方には、ヘリノックスの「チェアワン」がおすすめ。

Helinox
¥11,385 (2022/11/28 22:22時点 | Amazon調べ)

ただ、チェアに関しては座り心地の好みがあると思うので、実際に店舗で試してみて購入されるのが1番良いと思いますよ。

ランタン

ランタンには大きく分けて4つの種類があります。

ランタンの評価一覧

これからキャンプを始める方は、LEDランタンをオススメします。

  • テント内でも安全に使える
  • 使い方が簡単
  • 長時間の使用が可能
ライカン

キャンプに持っていくシーンに分けておすすめを紹介していきます。

メインランタン

メインランタン

メインランタンは、キャンプに持っていく1番明るいランタンのこと。

サイト全体を照らす役割があり、明るさ重視で選ぶのがポイント

  • サイト全体を照らす役割
  • 明るさ重視(1000ルーメン以上が目安)

筆者のおすすめは、GENTOS(ジェントス)の「エクスプローラーEX-1300D

1,300ルーメンと明るく、メインランタンの中でもお安く購入ができるコスパの良いLEDランタンです。

GENTOS(ジェントス)
¥4,964 (2022/12/01 22:52時点 | Amazon調べ)
ライカン

メインランタン用のおすすめLEDランタンはこちらでまとめています

サブランタン

サブランタン

サブランタンは、キャンプに持っていく2番明るいランタンのこと。

メインランタンの補助的な役割や、持ち運び用として使うためLEDランタンから選ぶのがオススメ。

  • メインランタンを補助する役割
  • 持ち運び用としても使う
  • 明るさよりも雰囲気を重視できる(200〜500ルーメンが目安)

筆者のおすすめは、BAREBONES(ベアボーンズ)の「レイルロード」

LEDランタンの中でもデザインがとても良く、人気の高いランタンです。

Barebones(ベアボーンズ)
¥7,380 (2022/11/29 21:14時点 | Amazon調べ)
ライカン

おすすめサブランタンはこちらでまとめています

テーブルランタン

テーブルランタン

テーブルランタンは、調理や料理を照らすための役割があるランタンです。

明るさがそれほど必要ないので、明るさよりも雰囲気・デザインを重視して選ぶことができます。

  • テーブルを照らす役割
  • 明るさは少なめ(100〜300ルーメンが目安)
  • 雰囲気を重視して選ぶことができる

筆者のおすすめは、Coleman「2マルチパネルランタン」

2つの発光パネルを分離して使うことができるLEDランタン。

パネルを小型ランタンとして、テーブルの中央や角に置くなど色々な使い分けができます。

コールマン(Coleman)
¥3,384 (2022/12/03 22:20時点 | Amazon調べ)
ライカン

おすすめテーブルランタンはこちらで紹介しています↓

テントランタン

テントランタン

テントランタンは、テントの中を照らすための役割があるランタンです。

テント内は火器厳禁のため、LEDタイプから選ぶようにしましょう。

  • テント内を照らす
  • 明るさは少なめ(100ルーメンが目安)
  • LEDタイプから選ぶ

筆者のおすすめはBAREBONES(ベアボーンズ)の「ビーコンライトLED」

発光部分が下についているので、テントに引っ掛けても影になりにくいランタンです。

ライトの形が独特で、花が咲いたような光の形が特徴的。

大きなカラビナがついているので、ランタンフックなどに吊り下げて使用するのにぴったりなデザインです。

タープ

タープでデイキャンプ

タープは、リビングに屋根を作る役割があり日除けや雨対策になります。

前室のないテントを選んだ場合、タープも併せて準備しておくと快適に過ごすことができます。

ライカン

デイキャンプをする場合にも、手軽に日除けが作れるのであると便利なアイテムです。

筆者のおすすめは、コールマンの「ヘキサライトⅡ」

ヘキサライト2の外観

デュオキャンプにちょうど良いサイズ感と、手に入りやすさ・価格の安さからコスパの良いタープです。

コールマン(Coleman)
¥12,109 (2022/11/27 20:58時点 | Amazon調べ)
ライカン

おすすめ2人用タープはこちらでまとめています↓

デュオキャンプに必要な道具:【キッチン】編

次に紹介するのは「キッチン」道具

▽必要な道具はこちらから▽

⬆︎いまはここ!!

作りたい料理に合わせて、必要な調理道具を準備していきましょう。

ライカン

家庭にある、調理道具やカセットコンロなどを使いながら、徐々に揃えておくのがおすすめ!

クッカー

クッカーとは、キャンプで持っていく調理器具のこと。

家庭用のものでも代用ができるので、最初はそれでも良いと思いますよ。

ライカン

クッカーと言っても、選択肢が色々あるので有名どころを紹介していきます。

  • クッカーセット
  • スキレット

クッカーセット

アウトドア用のフライパンや鍋などがセットになっている「クッカーセット」

アウトドアでの調理を目的とするクッカーは、軽量・コンパクトなのでキャンプに持っていきやすいです。

筆者が使っているのは、コールマンの「アルミクッカーセット」

フライパンや鍋がセットになっており、デュオキャンプでは十分なセット内容になっています。

コールマン(Coleman)
¥11,500 (2022/12/03 14:32時点 | Amazon調べ)
ライカン

2人用のおすすめクッカーはこちらの記事で紹介しています↓

スキレット

スキレット 

スキレットは、蓄熱性の高い鋳鉄製でできたフライパンのようなもの。

「本格的なキャンプ料理に挑戦してみたい!」と思われている方には、スキレットで肉料理を作ってみて欲しいです。

筆者が使っているのは、LODGE「スキレット」

IH対応なので、キャンプだけでなく家庭でも使うことができるタイプです。

ロッジ(Lodge)
¥1,900 (2022/12/03 15:01時点 | Amazon調べ)

ガスバーナー(カセットコンロ)

調理をするときには、ガスバーナーかカセットコンロの準備が必要になってきます。

筆者が使っているのは、イワタニ「タフまる」

土台がしっかりとしているので、ダッチオーブンなどの重たい調理道具をおいても安心して使うことができます

まな板、包丁

野菜やお肉などの食材を切るためには、包丁・まな板が必要です。

家で使っている包丁やまな板を持参しても良いのですが、アウトドア用だと『包丁・まな板』がセットになっているものが多く、安全に持ち運びができます。

スノーピーク(snow peak)
¥6,270 (2022/12/03 15:39時点 | Amazon調べ)

クーラーボックス

クーラーボックス

クーラーボックスは食材が腐ってしまったり食中毒などを防ぎ、飲み物などを冷たいまま保存しておくにも必要になります。

ライカン

おすすめ2人用クーラーボックスのまとめ記事はこちら↓

デュオキャンプに必要な道具【焚き火】編

最後に紹介するのが、焚火をするための道具です。

▽必要な道具はこちらから▽

⬆︎いまはここ!!
ライカン

キャンプの醍醐味である焚火!
必要な道具をまとめていきます。

焚火台

ファイアグリル

焚火をするためには、まずは焚火台が必須になってきます。

キャンプ場によっては、地面で直接焚火をする『直火』ができる場所もありますが、ほとんどのキャンプ場では焚火台を使わないと焚火禁止になっています。

ライカン

キャンプ場に迷惑をかけないためにも、焚火台は必ず準備しましょうね!

筆者のおすすめは、UNIFLAME「ファイアグリル」

頑丈なつくりで、焚火と料理も楽しめる万能焚火台として人気の高いギアです

ユニフレーム(UNIFLAME)
¥7,411 (2022/11/28 22:27時点 | Amazon調べ)

[itemlink post_id=”2426″]

ライカン

デュオにピッタリサイズの焚火台はこちらでまとめています↓

必要な道具を揃えて楽しいデュオキャンプをしよう!

この記事では「【初心者用】デュオキャンプ(2人キャンプ)の始め方!必要なもの網羅版」について書きました。

キャンプを始めるために必要な道具は多いですが大きく4つに分けて紹介しました。

▽必要な道具はこちらから▽

最初は無理せず家庭で使っているものを代用しながら、少しずつ必要な道具を揃えてみましょう!

ライカン

お気に入りの道具を見つける作業も、楽しいキャンプの1つ!

リピちゃん

友人・恋人と楽しいデュオキャンプを始めてくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2人でキャンプはじめませんか?
当サイトでは、デュオ向きのキャンプ道具・ノウハウを紹介。
初心者向けに書いているので、難しい言葉を使わずに分かりやすい情報をお届けしていきます。
TwitterやInstagramでも発信中!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次(クリックでジャンプ)