テーマ変更によりデザインの崩れがあります

【スノーピークのソリッドステークをレビュー】最強の鍛造ペグで初心者からベテランまで使える逸品

こんにちは、ライカン(@wolfman_camp)です!

今回は、snow peak(スノーピーク)から発売されている鍛造ペグ『ソリッドステーク』のレビュー記事です。

キャンプでテントやタープを使うなら、欠かすことのできない設営道具の1つがペグ。

テントなどを購入したときにも付属のペグが付いているのですが、耐久性が弱いので頑丈なペグを購入するのが一般的です。

数あるペグの中でも、品質の高さに人気があるのが『ソリッドステーク』

ソリッドステーク

鍛造製という頑丈な作りなので、硬い地面でもガンガンと打ち込む事ができるので一般的なキャンプ場なら使えない場所はないでしょう。

また、20〜50cmまで好きなサイズを選ぶ事ができ、使いたい状況によって最適な長さをチョイスできます。

ライカン
ライカン

「ペグのことを良くわからない…」と言う方でも間違いのない性能をしているよ!

本記事では、性能や特徴などの情報を紹介した後に、実際にキャンプで使ってみた感想をレビューしていきます。

[itemlink post_id=”2797″]

メリット
  • 頑丈な鍛造つくり
  • 硬い地面でもガンガン打ち込める
  • 重量があり固定力も高い
  • 曲がっても叩いて戻せる
  • 20〜50までバリエーションがある
デメリット
  • 重たく持ち運びにくい
  • 高価なペグ
  • ペグ抜き道具が必須
目次(クリックでジャンプ)

snowpeak(スノーピーク)ソリッドステークのスペックや特徴

ソリッドステーク

ソリッドステークは、鍛造製で頑丈なので硬い地面でもガンガン使えるペグです。

基本情報

ソリッドステークのロゴ
製品名ソリッドステーク
メーカーsnow peak
サイズ20〜50cm
主素材スチール

ソリッドステークは「鍛造」という技術で作られた鉄製の頑丈なペグです。

ライカン
ライカン

ソリッドステークは、ソリステとも呼ばれています。

サイズバリエーション

ソリッドステークには、20・30・40・50cmとサイズバリエーションがあります。

カンタンな比較表はこちら。

製品名ソリステ20ソリステ30ソリステ40ソリステ50
長さ20cm30cm40cm50cm
おすすめの用途テント・予備ペグテント・タープタープ柔らかい地面・砂地
値段(1本)¥385¥495¥935¥1,320

通常のキャンプ場での使用なら、20cmか30cmのどちらかを選べば問題ないです。

40cm以上なら、柔らかい地面や砂浜などの深く打ち込む必要があるときに選ぶといいですよ。

ライカン
ライカン

ソリッドステークの長さの選び方について、後半で詳しく紹介しています。

重さ

ソリッドステーク30の1本あたりの重さは、約180グラム

10本まとめて持っていくと、1.8kgになります。

頑丈なぶん、重たくなってしまうのは仕方ないところですね。

[itemlink post_id=”2797″]

スノーピークソリッドステークのレビュー

スノーピーク『ソリッドステーク』をキャンプで使った感想を紹介していきます。

ソリッドステークの外観
ソリッドステークの特徴
  • 硬い地面にも刺さる貫通力
  • 重量があるので固定力も高い
  • 曲がってしまっても叩いて戻せる
  • ペグ抜きがしやすい形状
  • ペグ抜き道具は必須

硬い地面にも刺さる貫通力

スリッドステークは、硬い地面でもガンガンと刺さっていく貫通力があります。

ソリッドステークの先端

多少の石があったとしても、負けることなく砕きながら打ち込む事が可能。

ハンマーで叩くヘッド部分は叩きやすい円柱形になっており、打撃時に衝撃をしっかりと伝える事ができます。

ソリッドステークとPRO.S

一般的なキャンプ場なら、ソリッドステークが刺さらない地面は無いと言えるでしょう。

重量があるので固定力も高い

ペグはテントやタープを地面と固定しているので、風が強いと引っ張られて抜けてしまう危険があります。

テントなどに付属している軽いペグ短いペグだと、抜けやすい傾向にありますね。

ソリッドステークは、重量があり長さも選べるので、よほどの強風ではない限り抜けることはないですよ。

ソリッドステークのフック

また、ヘッドが地面に打ち込んだときには、フック部分も地面に刺さるようになっているので、ペグ本体が回転しにくくなっています。

なのでロープが途中で抜けてしまうということも防げます

ライカン
ライカン

ソリッドステークの場合、ペグの長さ選びと、ペグの打ち方さえ気をつければ大丈夫!

ソリッドステーク30の場合、重さが1本あたり180グラムと重たいので、軽量さを求める方には向いていません

ですが、その重たさがペグの固定力につながっています。

ペグの打ち方については、斜め60度くらいで打ち込むようにしましょう。

あわせて読みたい
あわせて読みたい
【初心者の基礎知識】ペグの打ち方をどこよりも詳しく解説 この記事では、初心者でも絶対に覚えられる「ペグの打ち方」を紹介します。 キャンプでテントやタープを立てるときに、絶対に避けて通れないのがペグ打ちです。 ペグは...

曲がってしまっても叩いて戻せる

ソリッドステークは頑丈なので曲がりにくくなっていて、実際に筆者が使用していても曲がった経験はありません

ですが、もし曲がってしまった場合にも石の上などで叩くことで直す事ができます

ソリッドステークなら、ペグを消耗品にすることははなく使い続ける事ができますね。

ペグ抜きがしやすい形状だがペグ抜きは必須

ソリッドステークには、丸い穴が空いていたりフックがあるので、ペグ抜きがしやすい形になっています。

ソリッドステークの全体

その代わり、ペグ抜き道具の準備は必須になっています。

ペグ抜き道具といっても、アウトドア用のハンマーならペグ抜き機能がついているものが多いです。

ソリッドステークをPRO.Sで抜く

筆者が使っているのは、スノーピークのPRO.Sというペグハンマー。

ペグ抜き機能もついていますし、ペグハンマーとしての評判も高いのでおすすめです。

[itemlink post_id=”2369″]

あわせて読みたい
あわせて読みたい
【スノーピークのPRO.Sをレビュー】長く愛用できる鍛造製のペグハンマー 一生物のキャンプ道具を探し続けるウルフマン(@wolfman_camp)です。 テントやタープなどを建てるときに必ず必要になってくるのが基本的な設営道具の1つであるペグハン...

ソリッドステークの使い分けとおすすめの長さ

前述したように、ソリッドステークには20〜50cmまでのバリエーションがあります。

一般的に購入を検討するときには、20か30が候補になってくると思います。

そこで、ソリッドステークの使い分けについて解説していきます。

比較表をもう一度見てみましょう。

製品名ソリステ20ソリステ30ソリステ40ソリステ50
長さ20cm30cm40cm50cm
おすすめの用途テント・予備ペグテント・タープタープ柔らかい地面・砂地
値段(1本)¥385¥495¥935¥1,320

ペグは、長いほど地面に深く刺さるので風に強くなります。

ですが、そのぶん重たく持ち運びがしにくいのと値段が高くなっていきます。

ライカン
ライカン

筆者としては、ソリッドステークの20または30がオススメです!

テントのみを使うなら『ソリッドステーク20』

テントとタープを使うなら『ソリッドステーク30』がオススメです!

ソリステ20:テント・予備ペグ用

ソリッドステーク20はテントの設営に適した長さです。

テントしか使わないような場合で、風が強くないなら20cmのペグで十分。

[itemlink post_id=”3236″]

また、20cmなら万が一の予備ペグとしても持ち運びがしやすいです。

ギリギリの本数だと、不安があるので少しは余裕を持った本数を持っていくようにしましょう。

ソリステ20の使い方
  • テント用
  • 予備ペグ用

ソリステ30:テント・タープ用

ソリッドステーク30はテント・タープの設営に適した長さ

20cmでは風に煽られやすいタープには短いので、タープを使うのならソリステ30以上のペグを選びましょう。

[itemlink post_id=”2797″]

テントにもタープにも十分使えるので、どの長さにするか悩まれている方はソリッドステーク30がおすすめです。

ソリステ30の使い方
  • テント用
  • タープ用

ソリステ40:タープ用

ソリッドステーク40はタープ用に適した長さ

すでにソリステ20か30を持っていて、さらにタープ用にペグを探されている方ならアリだと思います。

ライカン
ライカン

初めの1本と言うよりも+αで買うならオススメだよ。

ソリステ40の使い方
  • タープ用

ソリステ50:柔らかい地面・砂地用

ソリッドステーク50は柔らかい地面や砂地の場合に適した長さ

柔らかい地面でペグが抜けてしまいそうなところだと、できるだけ長いペグを使う方が安心です。

[itemlink post_id=”3253″]

ライカン
ライカン

一般的なキャンプ場なら、ソリステ50が必要になることはないかな。

ソリステ50の使い方
  • 柔らかい地面
  • 砂地

スノーピークのソリッドステークはこんな人にオススメ

ソリッドステーク

スノーピークのソリッドステークは、次のような人にオススメです。

こんな人にオススメ
  • 頑丈なペグが欲しい
  • 付属ペグから買い替えたい
  • 初心者だからこれ買っとけば間違いない!のがいい
  • テントにもタープにも使いたい

実際に使用してみて、ソリッドステークは初心者でもベテランの方にもオススメできる性能をしています。

鍛造製で頑丈なので、硬い地面でも気にせずガンガンと打ち込む事ができますし壊れにくいです。

サイズバリエーションも豊富なので、使用用途に合わせて購入ができるのも素晴らしいですね。

ライカン
ライカン

どんなペグにするか悩まれている方なら、買って後悔のない逸品です。

スノーピークソリッドステークレビューまとめ

本記事は「【スノーピークのソリッドステークをレビュー】最強の鍛造ペグで初心者からベテランまで使える逸品」について書きました。

メリット
  • 頑丈な鍛造つくり
  • 硬い地面でもガンガン打ち込める
  • 重量があり固定力も高い
  • 曲がっても叩いて戻せる
  • 20〜50までバリエーションがある
デメリット
  • 重たく持ち運びにくい
  • 高価なペグ
  • ペグ抜き道具が必須

頑丈な鍛造製で、硬い地面でもガンガンと打ち込む事ができ多少の石でも砕きながら使う事ができます。

鍛造製ペグの中でも品質は間違いなく高いので、ペグ選びで「これ買っとけば間違いないペグを教えて!」と言う方にも自信を持ってオススメできます。

[itemlink post_id=”2797″]

ライカン
ライカン

ペグで他のオススメが知りたい方は、初心者のために厳選した記事を書いていますので読んでみてくださいね。

あわせて読みたい
あわせて読みたい
【初心者用】キャンプ用ペグのおすすめ3選!頑丈かつ固定力の高い鍛造ペグが最適 テントやタープを立てる時に、必ず必要になってくるペグ。 ペグにはいくつも種類があり、キャンプをこれから始める方にとって何を選ぶと間違いがないのか悩まれる方も多...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2人でキャンプはじめませんか?
当サイトでは、デュオ向きのキャンプ道具・ノウハウを紹介。
初心者向けに書いているので、難しい言葉を使わずに分かりやすい情報をお届けしていきます。
TwitterやInstagramでも発信中!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次(クリックでジャンプ)