「デュオキャンプ(2人キャンプ )用」おすすめワンポールテント!設営が簡単でおしゃれ!

この記事では、デュオキャンプにぴったりな「おすすめワンポールテント」を紹介します。

デュオキャンプを始めるのに、テントは必須アイテムです。

テントには色々なメーカーからたくさんの種類が発売されていて、初心者には何を選んだら良いのか悩んでしまいますよね。

その悩みを解決するために、今回はデュオキャンプを始める時におすすめな「ワンポールテント」を解説します。

おすすめ一覧をすぐにみたい人は、目次から飛んでくださいね!

ワンポールテントの良いとこ・悪いとこ

ワンポールテントは、設営が簡単で円錐型の見た目が人気なおしゃれなテントです。

ティピーテントやモノポールテントとも呼ばれてます。

良いとこ

ワンポールテントは、設営・撤収が簡単&短時間にできるので、初心者には優しいテント。

デザインがおしゃれで可愛いものが多く、女性人気も高いです。

ワンポールテントのメリット
  • 設営が超簡単
  • 収納サイズもコンパクトで軽量
  • 見た目がおしゃれで可愛いものが多い

設営が超簡単

ワンポールテントの設営は他のテントに比べて超簡単。

設営手順としては

  1. テントの布を広げる
  2. 周りにペグを打ってテントを固定
  3. 中心に一本のポールを立てる

この3つの工程で設営ができます。

初心者でも設営に手間取りにくく、キャンプの時間をしっかりと確保できるのが魅力です。

軽量でコンパクト

ポールの本数も1本と少ないので、収納サイズもコンパクトで軽量です。

見た目がおしゃれ

モノポールテントの見た目はおしゃれで可愛いものが多いですよね。

その見た目から女性人気が高く、おしゃれなキャンプサイトを作ることができます。

グランピングなどでもモノポール型のテントを使っているところが多いです。

悪いとこ

モノポールテントには良いところもありますが、その構造上どうしても悪いところもでてきます。

ワンポールテントのデメリット
  • 設営場所を選ぶ
  • 居住スペースが狭い
  • タープが別で必要

設営場所を選ぶ

ワンポールテントは、非自立式といってポールをテント内部で立てて、それをペグで固定することによりテントが立つ仕組みになっています。

なので、そもそもペグが刺さる場所である必要があります。

普通のキャンプ場などでは問題ないのですが、河川の近くなどの地面が砂利や石になっているところだとテントが設営難易度が上がってしまいます。

居住スペースが狭い

ワンポールテントはとんがった形をしているので、壁が斜めになっているので内部の居住スペースが狭くなってしまいます。

そのため、少し大きめのテントを準備しておく方がテント内での居住空間が確保できます。

タープが別で必要

モノポールテントには前室と呼ばれるような椅子を置いてくつろいだりするスペースがないものがほとんど。

雨が降ったときや日差しを避けるためにもタープを別で準備する必要があります。

そのため、荷物がどうしても増えてしまうデメリットが出てきますね。

スポンサーリンク

ワンポールテントの選び方

ワンポールテントに限らず、テントの選び方は基本的に同じです。

テント選びのチェック項目
  • 使用人数
  • 予算
  • 設営のしやすさ
  • 重量・収納サイズ
  • 素材・耐水圧
  • 見た目

詳しくは別の記事で解説しているので、そちらを見ていただければと思いますが、デュオキャンプのワンポールテントで特に気をつけたいのは次の3つ。

  • 使用人数
  • 予算
  • 見た目

▼もっと詳しく知りたい方は、こちらをチェックしてみてください

使用人数

テントのスペックなどで記載されている「定員人数」は「最大何人で寝られるか」の目安です。

ワンポールテントの場合、円錐型でとんがった形をしているので、中の居住空間が狭くなってしまいます。

なので、テント内に荷物を置いたりゆっくり過ごすためにも+1〜2人くらいの定員人数のテントを選ぶと良いです。

デュオキャンプだから3〜4人用のテントがちょうど良いかな!

予算

テントの購入はキャンプを始めるのに必須ですが、ある程度の金額はかかってきます。

ワンポールテントは、比較的他のタイプのテントに比べて値段が安い傾向にあります。

初心者が手を出しやすいモデルから、高品質なモデルまであるので予算を品質のバランスを見ながら購入しましょう。

見た目

モノポールテントを選ぶときに1番大事なのは「見た目」です!

いくら自分のキャンプスタイルに合っていたり高機能なテントを選んだとしても、見た目が気に入らなければ、絶対に買い替えたくなってしまいます…。

逆に見た目が超気に入っていれば、多少重たかったりしても我慢ができるものです。

「キャンプは楽しむもの」だからこそ、自分がこのテントでキャンプがしたい!と思えるテントを選ぶことほど大切なことはありませんよ。

デュオキャンプにおすすめなワンポールテント

デュオキャンプにおすすめワンポールテントを紹介します。

ロゴス(LOGOS) ナパポ Tepee

ナパポ柄のおしゃれなワンポールテントです。

ナパポTepeeのスペック
  • 対応人数:2〜3人
  • 総重量:4.0kg
  • 組立サイズ:幅300×奥行250×高さ180cm
  • 収納サイズ:幅52×奥行18×高さ18cm

おしゃれなデザインで女性人気が高いワンポールテントです。

テントを支えるフレームには、航空機にも使用される7075超々ジュラルミンが使われており軽量で強靭。

女性1人でも設営ができ対応人数が2〜3人なので、デュオキャンプでの使用がちょうどいいです。

写真映えするテントなのでデュオキャンプの思い出を写真に残すときにも、素敵な写真になりますよ。

コールマン(Coleman)エクスカーションティピⅡ325

デュオキャンプで広々使えるコールマンのワンポールテントです。

エクスカーションティピのスペック
  • 対応人数:3〜4人
  • 総重量:6.0kg
  • 組立サイズ:幅325×奥行230×高さ200cm
  • 収納サイズ:直径16×60cm

最大4人での就寝が可能なワンポールテントです。デュオキャンプでは、広々と使えるのでおすすめ。

組立サイズでは高さが200cmあり余裕で立ち上がることができるので、テント内での着替えがしやすく圧迫感が少ないです。

正面と後方にそれぞれメッシュドアを使っているので、夏でも虫の侵入を防いだり通気性を確保することができます。

自然に馴染む上品なオールグリーンカラーで、かっこいいタイプですね。

DOD ワンポールテントM

大人5人が寝ることができる、超広々なワンポールテントです。

ワンポールテントMのスペック
  • 対応人数:5人
  • 総重量:4.12kg
  • 組立サイズ:幅370×奥行325×高さ200cm
  • 収納サイズ:幅58×奥行18×高さ18cm

幅が370cm、高さ200cmで、大人5人に対応しデュオキャンプで使えば広々とした空間でキャンプができます。

5人用のサイズ感ですが、総重量は約4kgと軽くてコンパクトなので手軽に持ち出しやすい魅力がありますよ。

価格も2万円台とリーズナブル、手頃な値段でテントが手に入るので初心者向きです。

スポンサーリンク

ワンポールテントでオシャレなデュオキャンプを!

デュオキャンプにおすすめなワンポールテントを紹介しました。

ワンポールテントは、設営が簡単でおしゃれな見た目のテントが多いです。

おすすめワンポールテント
  • LOGOS ナパポTepee
  • Coleman エクスカーションティピⅡ
  • DOD ワンポールテントM

初心者にもおすすめな、有名メーカーで安心して使用できるものを選抜しています。

テントはキャンプ道具の主役になるので見た目も合わせて、気に入ったものを選んでキャンプを始めて下さいね!

テント以外にもキャンプを始めるのに必要な道具はたくさんあります。

デュオキャンプを始めるための道具をまとめて紹介しているので、あわせて読んでみて下さい。

スポンサーリンク
おすすめの記事