△デュオキャンプに必要な道具

スノーピークのペグハンマーどっちを選ぶ?【PRO.SとPRO.Cの違うところ】

スノーピークのペグハンマーのちがい

snow peak(スノーピーク)では、PRO.SPRO.Cの2種類のペグハンマーが発売されています。

名前も似ているので、自分にとってどちらを選ぶのがいいのか悩まれている方も多いと思います。

こんな疑問を解決します!
  • スノーピーク製ペグハンマーの違いは?
  • どちらを選ぶのがオススメかが知りたい

この記事を読むことで、スノーピーク製ペグハンマーの「違い」と、「おすすめの選び方」についてわかります。

ライカン

2つのペグハンマーを徹底比較していくので、ぜひチェックしてみてね!

先に結論を言いますと、キャンプ初心者の方やコスパを考えられる方は、PRO.Sを選ぶのがおすすめです!

スノーピーク(snow peak)
¥5,280 (2023/02/05 23:27時点 | Amazon調べ)

性能も充分高いので、コスパ的にもPRO.SでOK!

目次(クリックでジャンプ)

結論:初心者の方はPRO.Sがオススメ

結論から先にお伝えしておきますと、これからペグハンマーを買われる方は「PRO.S」がおすすめです。

スクロールできます
製品名PRO.S
PRO.C
ヘッドの素材鍛造製鍛造製
ヘッドの先端
ヘッドの交換交換不可交換可(銅部分)
公式価格¥5,280¥8,470
Amazon Amazon
各製品の比較

PRO.CPRO.Sの上位バージョンという位置付けなのですが、ペグハンマーを探されている方で、いきなり上位バージョンを買う必要性は無いと思うからです。

価格の違いが約2,500円あるので、この価格差もPRO.Sをおすすめするポイントです。

スノーピーク(snow peak)
¥5,280 (2023/02/05 23:27時点 | Amazon調べ)
ライカン

詳しい解説はこの後していきます!

スノーピークのペグハンマー共通点

スノーピークのペグハンマーの性能は、一部を除いて同じ作りになっています。

どっちを選ぶかを決める前に共通点をおさらい

ライカン

共通点はいいから違いを早く知りたい方は、このボタンからジャンプしてください!

ペグハンマーの共通点
  • 鍛造製のヘッド
  • 充実したペグ抜き機能
  • 永久保証サービス付き

1.鍛造製のヘッド

スノーピーク製のペグハンマーはどちらも鍛造製のヘッドがメインで作られています。

PRO.Cの方は鍛造製のヘッドに銅がついていますが、どちらも金属製で重量があるぶん力がしっかりとペグに伝わります。

頑丈で壊れにくい性質があるので、長く愛用できるというメリットがありますね。

ライカン

どちらも、ペグを打つ性能はとても高いよ!

2.ペグ抜き機能が充実

「フック型・ホール型」2つのペグ抜き機能がついています。

細いペグやスノーピーク製のソリッドステークなどにも対応しており、ペグ抜きで困ることはないでしょう。

ペグ抜き機能が充実していると、撤収時間を簡単・短縮化できるのでとても便利ですよ。

3.永久保証サービスつき

ペグハンマーに限らず、スノーピークの商品には「永久保証制度」があります。

品質に自信があるからこそ、無料修理や交換などのアフターサービスが充実しています。

どんな破損や故障にも対応してくれるとは限りませんが、しっかりとした修理サービスが整っているというのは安心できます。

ペグハンマーどっちを選ぶ?違う部分を見てみよう

それでは、スノーピーク製のペグハンマー「PRO.S」「PRO.C」どっちを選ぶのが良いのか?

それぞれの違う部分を見ていきましょう。

2つのペグハンマーは、ヘッドの部分価格設定に違いがあります。

スクロールできます
製品名PRO.S
PRO.C
ヘッドの素材鍛造製鍛造製
ヘッドの先端
ヘッドの交換交換不可交換可(銅部分)
公式価格¥5,280¥8,470
Amazon Amazon
各製品の比較
違うところ
  • ヘッド部分
  • 価格設定

1.ヘッド部分の素材

PRO.S」と「PRO.C」の性能面での唯一の違いは「ヘッド部分の素材」にあります。

PRO.Sは全てが鍛造製になっていますが、PRO.C交換可能な銅製になっています。

PRO.Cのヘッドは交換可能な銅製
画像引用:snow peak

銅製のメリットとしては次のようなことがあります。

  • ペグに力が伝わりやすい
  • 手への衝撃が軽減される
  • 1番消耗するところが交換可能

PRO.Sでもペグを打ち込む能力は十分高いのですが、PRO.Cはそれを上回る上位バージョンという扱いのようですね。

スノーピーク(snow peak)
¥8,470 (2023/02/06 23:30時点 | Amazon調べ)
リピちゃん

PRO.Sがペグを打ちにくいということはないよ。
両方を使い比べてみると、差が分かるくらい。

2.価格

違うところの2つ目は「価格設定」です。

スクロールできます
製品名PRO.S
PRO.C
公式価格¥5,280¥8,470
Amazon Amazon
各製品の比較

PRO.Cが上位バージョンということもあり値段が高くなっています。

PRO.Sもペグハンマーとしては高めの価格帯になっていますが、それをさらにPRO.Cは超えてきます。

銅製の部分に2,500円を出せるかという判断になりますね。

スノーピークのペグハンマーどっちを選ぶのがオススメか

ここまで、PRO.SとPRO.Cの違いについて解説してきましたが、結論としてどちらのペグハンマーを選べば良いのか?について

筆者の考えとしては、スノーピーク製のペグハンマーを買おうとされている方は『PRO.S』一択だと思います。

スノーピーク(snow peak)
¥5,280 (2023/02/05 23:27時点 | Amazon調べ)

理由として、鍛造製でペグの打ち込みも十分しやすく、2,500円追加で出してまで銅製に変更する必要がないからです。

その2,500円があれば、さらにキャンプ道具を買うこともできるので、PRO.Sを選ぶと良いと思いますよ。

性能も充分高いので、コスパ的にもPRO.SでOK!

【まとめ】スノーピーク製のペグハンマーどっちを選ぶかについて

本記事では「スノーピークのペグハンマーどっちを選ぶ?【PRO.SとPRO.Cの違うところ】」について書きました。

スクロールできます
製品名PRO.S
PRO.C
ヘッドの素材鍛造製鍛造製
ヘッドの先端
ヘッドの交換交換不可交換可(銅部分)
公式価格¥5,280¥8,470
Amazon Amazon
各製品の比較

PRO.SもPRO.Cも基本的な性能は同じで、唯一の違いがPRO.Cはヘッドの先端が交換可能な銅製になっていること。

価格的には2,500円ほどの違いがあるので、そこが判断材料になると思います。

性能も充分高いので、コスパ的にもPRO.SでOK!

ライカン

筆者は、初めてスノーピーク製のペグハンマーを買うなら『PRO.S』一択だと思います。

理由として、鍛造製でペグの打ち込みも十分しやすく、2,500円追加で出してまで銅製に変更する必要がないと思うからです。

その2,500円があれば、さらにキャンプ道具を買うこともできるので、PRO.Sを選ぶと良いと思いますよ。

スノーピーク(snow peak)
¥5,280 (2023/02/05 23:27時点 | Amazon調べ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2人でキャンプはじめませんか?
当サイトでは、デュオ向きのキャンプ道具・ノウハウを紹介。
初心者向けに書いているので、難しい言葉を使わずに分かりやすい情報をお届けしていきます。
TwitterやInstagramでも発信中!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次(クリックでジャンプ)