△デュオキャンプに必要な道具

BAREBONESレイルロードランタンレビュー!レトロな雰囲気の本格派LEDランタン

ランタンの中でも安全性が高く使いやすいため、初心者からベテランまで人気の高いLEDランタン

自分の近くやテントの中でも使うことができるので、キャンプでの活躍の幅が広く子供と一緒のキャンプでも使いやすいタイプです。

ただ、デザインが機械的なものが多くキャンプの雰囲気に合わないと感じるのが悩みでした。

ライカン

せっかくなら映えるランタンで、オシャレなキャンプがしたい……

そんな方に知っていただきたいのは、BAREBONES(ベアボーンズ)「レイルロードランタン」

レイルロードランタンの外観

LEDの安全性はそのままで、キャンプの雰囲気をより盛り上げるレトロなデザイン

最大光量は200ルーメンなので、サブ・テーブル用として使うのに向いている明るさです。

また、カラーバリエーションも豊富なため、自分のキャンプカラーに合わせて色選びをすることができます。

そこで本記事では、外観を紹介しつつ機能面をレビューしていきます。

Barebones(ベアボーンズ)
¥7,380 (2023/02/07 20:56時点 | Amazon調べ)
メリットデメリット
レトロでおしゃれなデザイン
気泡入りのホヤが独創的
USB充電ができる
がっしりと安定感のあるフォルム
メインランタンには光量不足
バッテリー容量は小さめ
目次(クリックでジャンプ)

ベアボーンズ レイルロードランタンの外観と付属品

ベアボーンズ レイルロードランタンは、最大200ルーメンUSB充電ができるLEDランタンです。

レイルロード
サイズ最大直径17cm・本体高さ25cm
重さ960g
充電タイプUSB充電/充電式バッテリー
光源タイプLEDライト(暖色系)
明るさ35〜200ルーメン
連続点灯時間100時間(Low)・3.5時間(Hi)

今回私は、アンティークブロンズを購入しましたが、全5種類のカラーラインナップがあります。

正面上部には、BAREBONESのロゴバッチが輝いていおりシンプルな装飾。

レイルロードのロゴ

ハンドルがついているので、スタンドに掛けておくこともできますし長さに余裕があるので、グローブをしたまま持ち運ぶ時にも便利です。

レイルロードのハンドル

サイズは最大直径17cm本体高さ25cmと、同メーカーのビーコンライトミニエジソンランタンと比べても大型のタイプです。

レイルロード、ビーコンライト、ミニエジソンランタンとサイズ比較
左:レイルロード 中:ビーコンライト 右:ミニエジソンランタン

本体フォルムは丸く、スチール製の円形ガードがガラスホヤをあらゆる角度から守ってくれます

底部が円形になっており倒れにくくなっていますし、倒れたとしてもホヤが傷つきにくい設計。

レイルロードの円形ガード

レイルロードはUSB TYPE-Cの充電ポートが背面にあり、6〜8時間の充電で最大100時間使用することができます。

バッテリーは付属している4,400m Ahの大容量リチウムイオン電池。

レイルロードのバッテリーランプ

充電中は、4段階のインジケータランプが点灯するので充電状況が把握しやすいです。

レイルロードの充電

付属品は「ランタン本体とUSBケーブル、リチウムイオン電池(バッテリー用)」です。

Barebones(ベアボーンズ)
¥7,380 (2023/02/07 20:56時点 | Amazon調べ)

ベアボーンズ レイルロードランタンのレビュー

ベアボーンズ レイルロードランタンの特徴を紹介していきます。

レイルロードの特徴
  • 気泡入りのホヤがつくる独特で暖かな光
  • LEDランタンとは思えない本格的な光量調節
  • 最大光量が200ルーメンとサブ・テーブル用向け

気泡入りのホヤがつくる独特で暖かな光

ベアボーンズ レイルロードは、ガラス製ホヤに気泡が入っており影のある独特な光が灯ります。

レイルロードのホヤ

炎に揺らぎがあるように、ランタンにも多少の影があった方が雰囲気が出てくるので良いポイントですよ。

レイルロードの光

ランタンの光源は4つのLEDで、エジソンランプ風で暖色系の光になっています。

レイルロード

LEDなので火傷の心配もなく安心・安全に使用ができるので、お子さんとのキャンプやテントの中でも使えますね。

LEDランタンとは思えない本格的な光量調節

レイルロードのスイッチは側面にある回転式のつまみになってて、光量調節もできます。

時計回りに捻るとカチッという音がしてランタンに光が灯ります。

レイルロードのスイッチ
回転式のスイッチ

無段階光量調節になっていて、つまみの捻り加減で35〜200ルーメンまで自由に変えることができます。

ライカン

LEDランタンなのに、このレトロなスイッチがたまらなくカッコいい!

最大光量が200ルーメンとサブ・テーブル用向け

レイルロードランタンの最大光量200ルーメンとなっており、メインランタンとして使うには明るさが足りません。

メインとして使うには、1000ルーメン以上が目安になっているので、レイルロードランタンのみを明かりにするのはやめておきましょう。

サブとして使うか、テーブルに置いて自分に近い位置を照らすのに向いているランタンです。

Barebones(ベアボーンズ)
¥7,380 (2023/02/07 20:56時点 | Amazon調べ)

ベアボーンズ レイルロードランタンはこんな人におすすめ

ベアボーンズ レイルロードランタンLEDタイプのおしゃれなランタンで、キャンプの雰囲気を盛り上げる暖色系ランタンが欲しい人におすすめです。

レトロな雰囲気でキャンプに持っていけば、一気に写真映えすること間違いなしのLEDランタン。

メインランタンとして使うには、光量が足らないという弱点はあるものの、サブやテーブルに置いて使うには十分の性能をしています。

Barebones(ベアボーンズ)
¥7,380 (2023/02/07 20:56時点 | Amazon調べ)

ベアボーンズ レイルロードランタンのレビューまとめ

本記事は「ベアボーンズのレイルロードランタンをレビュー!キャンプが映えるレトロな雰囲気の本格派LEDランタン」について書きました。

ベアボーンズ レイルロードランタンは、レトロなデザインで人気のある大型のLEDランタン。

気泡入りのホヤは独創的で、ただの明るさだけではなくキャンプの夜をより魅力的にしてくれますよ。

最大光量が200ルーメンなので、サブ・テーブル用として使うのがおすすめです。

Barebones(ベアボーンズ)
¥7,380 (2023/02/07 20:56時点 | Amazon調べ)
メリットデメリット
レトロでおしゃれなデザイン
気泡入りのホヤが独創的
USB充電ができる
がっしりと安定感のあるフォルム
メインランタンには光量不足
バッテリー容量は小さめ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
ライリピおすすめのランタン
ランタンのおすすめ

ライリピでは数多くのランタンをレビューしてきました。

そんな中でも、筆者がおすすめのランタンを厳選して紹介しています。

\ CHECKC NOW /

この記事を書いた人

2人でキャンプはじめませんか?
当サイトでは、デュオ向きのキャンプ道具・ノウハウを紹介。
初心者向けに書いているので、難しい言葉を使わずに分かりやすい情報をお届けしていきます。
TwitterやInstagramでも発信中!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次(クリックでジャンプ)