キャンプの始め方完全ロードマップ

スノーピークのマルチコンテナMレビュー!ペグ入れにぴったりの頑丈な収納ボックス

キャンプへ行く時に、ペグやハンマーなどの小物入れって案外困りませんか?

特にペグは先端が尖っていて重たいので、半端な入れ物だと穴が開いてしまうってことも…

ライカン

適当な入れ物では他のキャンプ道具を傷つけてしまうので、収納には気を使いますよね。

そんな方に知っていただきたいのは、snow peak(スノーピーク)の「マルチコンテナM」です。

snowpeak マルチコンテナM 正面

6号帆布(ハンプ)生地という、とても丈夫な生地で作られており、重たく尖ったペグやハンマーを入れても破れる心配のない収納アイテム

私は、ペグなどの「設営道具」入れとして使用していますが、燃料缶やランタン収納できるとても使い方の幅が広いキャンプギアです。

そこで本記事では、外観とサイズ・使用感などを紹介していきます。

メリットデメリット
生地が丈夫で破れる心配がない
持ち手が多く運びやすい
メッシュのポケットが便利
デザインがシンプルでおしゃれ
価格が高い
ハードタイプよりも強度が弱い
目次(クリックでジャンプ)

スノーピークマルチコンテナMの外観とサイズバリエーション

snow peakマルチコンテナMは、6号帆布を生地に使った頑丈な収納バックです。

スノーピーク マルチコンテナ側面
製品名マルチコンテナM
メーカーsnow peak
製品サイズ44×16×15(h)cm
重量880g
サイズバリエーションS・M・L

外観は、シンプルなデザインで蓋部分には厚手のロゴマークがついています。

スノーピークマルチコンテナのロゴ

マルチコンテナMは、高さ15cm×横幅44cmになっており、30cm以上のペグを入れることができるサイズ感です。

重量は880gと少し重ためですが、丈夫な生地を使っている関係上しょうがない感じですね。
ここからペグなどを入れるので、総合的な重量は重たくなってきます。

スノーピーク マルチコンテナにペグを入れてみる
写真は20cmのペグです

スノーピークのマルチコンテナは小さい方から「S」「M」「L」の3サイズが販売されています。

サイズSサイズMサイズLサイズ
大きさ34×14×15(h)cm44×16×15(h)cm54×18×16(h)cm
重量660g880g1100g
公式価格5,390円6,490円7,590円

筆者が選んだのは「マルチコンテナMサイズ」

Mサイズだと、「30cm級のペグ」に加えて、「ペグハンマー」も一緒に入れることができるので、設営道具を入れたい方にはちょうど良いサイズです。

スノーピーク マルチコンテナにペグとハンマーを収納
スノーピーク(snow peak)
¥7,788 (2023/09/22 07:27時点 | Amazon調べ)

スノーピークマルチコンテナMのレビュー

snow peakマルチコンテナMの特徴を紹介していきます。

snow peak マルチコンテナの特徴
  • 生地が丈夫で破れる心配がない
  • 持ち手が多く運びやすい
  • メッシュのポケットが便利
  • ハードタイプよりも強度が弱い

生地が丈夫で破れる心配がない

マルチコンテナは6号帆布(ハンプ)生地で、ペグを入れても破れない丈夫なつくりになっています。

帆布は、もともと「船の帆」に使われていた厚手で丈夫な生地のこと。

1〜11号まで厚さがあり、数は少ないほど生地が厚い。

マルチコンテナの6号帆布は帆布の中では真ん中くらいの厚さで、写真でわかるように生地はとても分厚く硬いく頑丈です。

スノーピークマルチコンテナの生地の暑さ
6号帆布で超頑丈

筆者は、設営道具でソリッドステークなどを入れているのですが、生地が破れる心配もないくらいしっかりとしています

持ち手が多く運びやすい

マルチコンテナMには鍛造ペグやハンマーなどを入れるので、どうしても持ち運ぶ時には重たくなっしまいます。

ですが、持ち手が多くて作りが丈夫になっているので持ち運びがしやすく感じました。

スノーピーク マルチコンテナの持ち手

側面にも持ち手がついています。

スノーピーク マルチコンテナ側面
持ち手が多い

メッシュのポケットが便利

蓋の部分に、メッシュのポケットがついています。

ちょっとした小物や、ガスランタンなどを使っている人はマントルの予備を入れたりするのにも便利ですよね。

スノーピーク マルチコンテナのメッシュポケット

筆者の場合は、ライターなどの無くしそうな小さなものを入れています。

キャンプ場に持っていくのに、デリケートなものもあるので、収納ケースにポケットがついているのは安心ですし便利ですね。

スノーピーク マルチコンテナのメッシュポケット
小物を入れるのにも便利

ハードタイプよりも強度が弱い

マルチコンテナMは、ソフトタイプに分類される収納ケースですが、やはりハードタイプに比べると強度が低め

「とにかく頑丈な収納ケースが欲しい!」という方は、ボックス型のハードケースを探された方が良いと思います。

ライカン

マルチコンテナMはソフトタイプの中でも、かなり頑丈になっていますよ!

スノーピーク(snow peak)
¥7,788 (2023/09/22 07:27時点 | Amazon調べ)

スノーピークマルチコンテナMはこんな人におすすめ

snow peakマルチコンテナMはこのような方におすすめです。

こんな人におすすめ

  • 生地が丈夫な収納ケースが欲しい
  • 30cm以上のペグを入れたい
  • スノーピークのシンプルなデザインが好き

マルチコンテナの1番の魅力は、そのデザイン製と生地の丈夫さです。

重たいものや尖ったものを入れても生地が負けることはないので、長く愛用できる収納バックがほしい人にはピッタリです。

スノーピーク(snow peak)
¥7,788 (2023/09/22 07:27時点 | Amazon調べ)

スノーピークマルチコンテナMレビューまとめ

本記事は「snow pea(スノーピーク)マルチコンテナMをレビュー!ペグ入れにぴったりの頑丈な収納ボックス」について書きました。

マルチコンテナは、持ち運びやすさ・生地の丈夫さ・種類の多さが魅力的なアイテム。

特に、30cm以上のペグを入れたい方には、ぴったりの超丈夫な収納ケースです。

ライカン

設営道具だけではなく、色々な小物を入れることができるよ!

スノーピーク(snow peak)
¥7,788 (2023/09/22 07:27時点 | Amazon調べ)
メリットデメリット
生地が丈夫で破れる心配がない
持ち手が多く運びやすい
メッシュのポケットが便利
デザインがシンプルでおしゃれ
価格が高い
ハードタイプよりも強度が弱い
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2人でキャンプはじめませんか?
当サイトでは、デュオ向きのキャンプ道具・ノウハウを紹介。
初心者向けに書いているので、難しい言葉を使わずに分かりやすい情報をお届けしていきます。
TwitterやInstagramでも発信中!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次(クリックでジャンプ)