△デュオキャンプに必要な道具

【一台二役】コールマン360°サウンド&ライトをレビュー

キャンプ中は、ゆっくりと焚火料理を楽しみながら音楽を聴くのが好きなライカンです。

今回レビューするColeman(コールマン)「360°サウンド&ライト」は、LEDランタンとスピーカーが合体した商品です。

Coleman 360°サウンド&ライトの正面

ランタンは最大400ルーメンの明るさがあり、テーブルサブランタンとして使うのにぴったりの光量です。

また、Bluetooth接続ができるので、スマホなどから音楽を流すことができます。

ライカン

テーブルに置けば、料理を照らしながら音楽を楽しむことができるね。

そこで本記事はColeman(コールマン)360°サウンド&ライトについて紹介していきます。

メリットデメリット
3段階調整可能なLEDランタン
Bluetooth接続可能なスピーカー
機能的でコスパがいい
点灯可能時間に注意が必要
サウンドの質はそれほど良くない
目次(クリックでジャンプ)

Coleman360°サウンド&ライト基本情報

Coleman 360°サウンド&ライトは、LEDランタンとスピーカーが合体した便利なキャンプギアです。

⬇︎簡単なスペックはこちら

名称360°サウンド&ライト
メーカーColeman
タイプLEDランタン
サイズ‎約φ13.0cm×25.1(h)cm
明るさ400ルーメン(3段階で調節可能)
連続点灯時間7時間
スピーカーBluetooth接続可能

外観は上部がランタン・下部がスピーカーとなっており、ランタン部分が大きなデザイン。

Coleman 360°サウンド&ライトの正面

サイズは約φ13.0cm×25.1(h)cmと、高さが大きめ。
筆者の手持ちのランタンの中でも大きなサイズ感です。

LEDランタンの一覧

下部分には、USB充電用の入力ポートがあります。

コールマン「360°サウンド&ライト」買う前に知っておいて欲しいポイント

360°サウンド&ライトには魅力がたくさんありますが、買う前に知っておいて欲しいポイントがあります。

  • 点灯可能時間は使い方で大きく変わる
  • サウンドの質はそれほど良くない

点灯可能時間は使い方で大きく変わる

連続点灯可能時間は7時間となっていますが、これは最大の話。

ランタンの光量を最大で使っていたり、スピーカーをずっと併用したりすると電力を多く使うので、点灯可能時間は少なくなっていきます

サウンドの質はそれほど良くはない

音楽を楽しんだり、ラジオを聞いたりするには全く問題のない音質ですが、サウンドの質にこだわる方には物足りないと思います。

ライカン

高音質の音楽が聴きたい!という方は、専用のスピーカーを準備した方がいいでしょう

コールマン「360°サウンド&ライト」4つの魅力

僕が「360°サウンド&ライト」の購入を決めた4つの魅力に焦点を当てて詳しくレビューしていきたいと思います。

①キャンプに持っていきやすい

360°サウンド&ライト」は、下の黒い部分がスピーカーになっていますが、一般的なLEDランタンと比べても大差ないサイズ

取っ手付きなので手に持つにしても、ランタンスタンドに掛けるにしても使いやすいです。

乾電池ではなくUSBでの充電式なので、事前に充電だけしっかりしておけば電池を別途持っていく必要もないのは良いですよね。

②3段階調節可能なLEDランタン

3段階の明るさをツマミで調節ができます。

それぞれHigh(400ルーメン)・Medium(175ルーメン)・Low(80ルーメン)と幅があるので、状況によって使い分けが可能。

ランタン部分は名前の通り、360°全体に明かりが届くので、テントの中央に置いておけば全体的に光が届きますよ。

③Bluetooth接続できるスピーカー

スピーカーは、スマートフォンなどからBluetooth接続で音楽再生ができますよ。

操作は、明るさ調節と同じように上部のボタンで行います。

ランタンと同じようにスピーカーも360°音が届くので場所も選びません。

ライカン

テント上部に引っ掛けておくとテント全体に反響して、なかなか良い雰囲気になるよ。

④高機能なのにコスパがいい

スピーカーとランタンがセットになっているので、だいぶ値段が高いのかな?と思っていましたが、ネットでも約7,000円で購入可能です。

LEDランタンだけでも、これより高いのはゴロゴロあるので、スピーカー付きでこの値段は、だいぶコスパがいいと思いますよ!

ライカン

2つの機能がセットになっている割には、お手頃価格ですよね。

コールマン「360°サウンド&ライト」レビューまとめ

コールマン「360°サウンド&ライト」は、サイズ感・コスパ・一台二役の利便性とキャンプで音楽を楽しむ方には十分な性能をしています。

メリットデメリット
3段階調整可能なLEDランタン
Bluetooth接続可能なスピーカー
機能的でコスパがいい
点灯可能時間に注意が必要
サウンドの質はそれほど良くない

昼間はスピーカーとして、夜はスピーカー兼LEDランタンとして大活躍間違いなしの「360°サウンド&ライト」は、荷物を増やさずキャンプをより盛り上げてくれますよ!

価格もランタンとスピーカーがセットになっている割に、手頃な値段帯なのでぜひ使ってみてくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
ライリピおすすめのランタン
ランタンのおすすめ

ライリピでは数多くのランタンをレビューしてきました。

そんな中でも、筆者がおすすめのランタンを厳選して紹介しています。

\ CHECKC NOW /

この記事を書いた人

2人でキャンプはじめませんか?
当サイトでは、デュオ向きのキャンプ道具・ノウハウを紹介。
初心者向けに書いているので、難しい言葉を使わずに分かりやすい情報をお届けしていきます。
TwitterやInstagramでも発信中!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次(クリックでジャンプ)