【UNIFLAME焚き火テーブルのレビュー】熱・キズ・汚れに強い最高峰のアウトドアテーブル

この記事ではUNIFLAME「焚き火テーブル」をレビューしていきます。

キャンプ料理や焚火中の道具置き等、アウトドアテーブルは必須アイテムです。

今回レビューしていく国内メーカーのUNIFLAME(ユニフレーム)から発売されている「焚火テーブル」は、人気がある商品で売り切れになっていることも多く手に入れるのに苦戦しました…。

実際にキャンプで使い込んでいますが、「熱・キズ・汚れ」に対してとても強くその人気に納得してしまいました。

弱点は車移動でないと持ち込みが難しいサイズということくらいですが、それを上回るメリットの数々で、これからアウトドアテーブルを買われる方の最有力候補といえるキャンプ道具になっています。

それでは本記事では「【UNIFLAME焚き火テーブルのレビュー】熱・キズ・汚れに強い最高峰のアウトドアテーブル」について書きます。


メリット
  • 熱に強い
  • 汚れ・キズが付きにくい
  • 組立・撤収が超簡単
デメリット
  • 天板が畳めないので小さくならない

UNIFLAME「焚き火テーブル」の概要

「焚き火テーブル」は国内メーカーUNIFLAME(ユニフレーム)から発売されており、アウトドアでもタフに使えるテーブル。

Ⅰスペック

焚き火テーブルのスペックはこちら。

スペック

【サイズ】

使用時:55×35×(高さ)37cm

収納時:55×35×(厚さ)2.5cm

【材質】

天板:ステンレス鋼(特殊エンボス加工)

サイド:天然木

スタンド:ステンレスパイプ19mm

【重量】

2.3kg

【分散耐荷重】

約50kg

サイズ

使用時のサイズ

焚き火テーブルの使用時のサイズは、(幅)55×(奥行き)35×(高さ)37cmですこし小ぶりなサイズ。

高さは37cmと低めで、低いテーブルや椅子を使ったキャンプスタイル(ロースタイル)に合ったサイズ感になりますね。

収納時のサイズ

収納時は、テーブルの天板の裏側にスタンドを折りたたんでロックします。

なので、幅や奥行きのサイズはそのままに厚みが2.5cmとコンパクトになりますよ。

丈夫な材質

焚き火テーブルの天板はステンレス製(エンボス加工)。

エンボス加工があることにより

  • キズ
  • ヨゴレ

などに強くアウトドアテーブルとして、とても優秀な仕様になっています。

熱に強い特性があるので、スキレットやダッチオーブンなどの熱いものでもテーブルに直接おくことができます。

さらに、ガスバーナーなどの調理用のテーブルとしても安心・安全に使えますよ。

Ⅱ値段

メーカー小売希望価格:7,900円(税込)

定価7,900円は、アウトドアテーブルとしては高級な部類になると思います。

ですが、買って損をしない「品質の高さと満足感」を手にすることができますよ。

スポンサーリンク

UNIFLAME「焚き火テーブル」のレビュー

ここからはUNIFLAME「焚き火テーブル」の特徴を紹介していきます。

UNIFLAME焚火テーブルの特徴
  • 熱に強い
  • 汚れに強く、キズもつきにくい
  • 組立・撤収が超簡単
  • 薄くはなるが、小さくはならない

いいとこも、気になるところも全部言っちゃうよ!

熱に強い

ステンレス製の焚き火テーブルは耐熱性にとても優れています。

スキレット・ダッチオーブンをそのまま置ける

キャンプ料理を作る時によく使う、「スキレット・ダッチオーブン」は使用するとかなり高温になり取り扱いに注意が必要になります。

鍋敷きのようなものが必須になりますし、キャンプテーブルでよく使われるウッドテーブル(木製)に置いた時には、鍋敷きがあっても焦げてしまうことも…。

ですがステンレス製の焚き火テーブルなら、熱々のスキレットやダッチオーブンをそのまま置くことができ、キャンプで大活躍の耐熱性でした。

分散耐荷重も50kgまで大丈夫なので、重たいダッチオーブンでも安心して乗せることができます。

テーブルの上にドン!と置けるからとてもラクだし、テーブルが焦げる心配もないよ!

火の近くでの作業にもバッチリ

キャンプ中は、調理用のバーナーや焚火の近くなど火の近くで作業をすることが多いです。

そんな時も、焚火テーブルなら

  • テーブルの上で調理(火を使う)をしても大丈夫
  • 焚火の近くに置いていて、火の粉が飛んできても焦げない

このように何も気にすることなく使うことができますよ。

熱には強いのですが、天板そのものも高温になることがあるのでその点は注意が必要だと思いました。

この耐熱性は文句のつけようがない!

汚れに強く、キズがつきにくい

焚火テーブルを使って実感したのは「汚れ・キズにとても強い」ことです。

汚れに強く衛生的に使える

キャンプ中に調理などで使用していると、どうしても食材がテーブルに落ちてしまったり汚れたりしてしまいます。

焚き火テーブルは板についた汚れも、ステンレスなので簡単に拭き取ることができ、衛生的に使い続けることができます。

僕はいつも、除菌シートでサッと拭いて清潔に使うようにしているよ!

キズが目立ちにくい凸凹

焚き火テーブルには、キズが目立ちにくくしてくれる秘密があります。

それは、スレンテスの天板に施されている「エンボス加工」というもののおかげ。

この凸凹模様のエンボス加工がすごく大事!

どうしてもアウトドアで使用しているので、キズがついてしまうのはどうしようもない事なのですが、この凸凹のおかげでキズを目立ちにくくなっています。

キズが目立たないので手軽に使うことができますし見た目の劣化もしにくくなるので、長く愛用できるテーブルになっています。

ずっと清潔・キレイに綺麗に使い続けれるのは最高じゃん!

組立・撤収が超簡単

焚き火テーブルは、組立・撤収が超簡単で誰でも短時間でできます。

天板とそれを支えるスタンドを組み合わせるだけなので、テーブルの設置に全く時間が取られません。

キャンプで道具を設置するのには時間がかかります。テントを立てたりテーブルを出したりしますからね。

焚き火テーブルなら1分もあれば組み立てが完了するので、そのあとの遊びや料理、焚き火などに時間が使えるのはとても大切なことです。

キャンプサイト作り(設営)は速さがとても大切。たくさん遊ぶためにも組立が簡単なのは嬉しいポイントだよ!

薄くはなるが小さくはならない

焚き火テーブルは、収納時にスタンド(脚)部分が天板の裏側にハマる構造になっていて、厚さ2.5cmまで薄くなります。

1枚の板になるイメージですね。

車移動のキャンパーさんにとっては積み込みの時にも、場所をとらず隙間にスッと入るので持ち出しやすいと思います。

ただし薄くはなるのですが小さくはなりません。

構造上、しょうがないのですが天板部分は折り畳んだりすることはできないので、その点だけはあらかじめ知っておいてほしいと思いました。

ユニフレーム「焚き火テーブル」の付属品と別サイズ

ユニフレーム「焚き火テーブル」には関連商品別サイズのものがあります。

それぞれのサイズにあった、バックは買っておくと便利だと思うよ!

通常サイズ

まずは、焚き火テーブルの「通常サイズ」から。

ユニフレーム焚き火テーブル

今まで紹介していた「通常サイズ」の焚き火テーブルです。


スペック

【サイズ】

使用時:55×35×(高さ)37cm

収納時:55×35×(厚さ)2.5cm

【重量】

2.3kg

大きさ的に、メインテーブルに使うならソロキャンプ(1人)用サイズです。

ユニフレーム焚き火テーブル「トートバック」

通常サイズ専用のトートバックです。


焚き火テーブルが2枚入るサイズになっているので、複数買う場合にもこのトートバックがあれば持ち運びに便利です。

もちろん、焚き火テーブルを1枚使っている場合でもトートバックに入れて持ち運びが可能。

焚き火テーブルは人気で、複数購入して使っている人も多いんだよ。

ラージサイズ

焚き火テーブルの別サイズとして、ひと回り大きなラージサイズも発売されています。

ユニフレーム焚き火テーブル「ラージ」

「ラージサイズ」の焚き火テーブルです。


スペック

【サイズ】

使用時:70×45×(高さ)37cm

収納時:55×35×(厚さ)2.5cm

【重量】

3.24kg

デュオキャンプ(2人)以上になってくると、通常サイズでは小さくなってきます。

そんな方には、メインテーブルとしてもラージサイズはおすすめ。

実際に僕もデュオキャンプをしていますが、焚き火テーブルのラージサイズをメインに使用しています。

大きさが、ひと回り大きくなっただけで、基本的な仕様などは「通常サイズ」と変わりがないです。

2人以上のキャンプで焚き火テーブルを
「調理用・メインテーブル」として考えているなら「ラージサイズ」がおすすめ。

ユニフレーム焚き火テーブル「ラージトートバック」

ラージサイズ専用のトートバックです。


こちらもラージサイズの焚き火テーブルが2枚入ります。

焚き火テーブルを1枚使っている場合でもトートバックに入れて持ち運びが可能です。

スポンサーリンク

ユニフレーム「焚き火テーブル」こんな人におすすめ

焚き火テーブルは「熱に強く、使い勝手がいいテーブルが欲しい人」におすすめです。

調理時や焚火の近くなど、ウッドテーブルなどでは使いにくい場面でもステンレス製なので安全・安心に使える仕様になっています。

レビューでもお伝えしましたが、収納時には折り畳みなどはできず天板の大きさそのままになります。

なので、キャンプ場へ車移動がメインのキャンパーさんに向いていると思いました。

ユニフレーム「焚き火テーブル」レビューまとめ

本記事は「【ユニフレーム焚き火テーブルのレビュー】熱・キズ・汚れに強い最高峰のアウトドアテーブル」について書きました。

焚き火テーブルはキャンプのどんな場面でも活躍できる、そんなテーブルです。

キャンプテーブルを探している方には、最有力候補のアウトドアテーブルといっても問題ないと感じました。

もっと安価なアウトドアテーブルはありますが、長く愛用できるテーブルでキャンプをより楽しみたい人にはぴったりの逸品といえるでしょう。


メリット
  • 熱に強く熱いものを直置きできる
  • 汚れ・キズが付きにくく清潔
  • 組立・撤収が超簡単
デメリット
  • 天板が畳めないので小さくならない

他にもキャンプに持っていきたくなるアウトドアテーブルは次の記事で紹介しています。

キャンプはテーブルだけでは始めることはできませんよね。

キャンプを始めるのに必要な道具、それぞれの選び方も次の記事で紹介しています。

https://mizutamablog.com/decamp_start/

スポンサーリンク
おすすめの記事