キャンプで飲む美味しいコーヒー【必要な道具まとめ】

コーヒー豆をミルでゴリゴリ挽く時間が癒しのウルフマン(@wolfman_camp)です。

キャンプ場でゆっくりと自然を楽しみながら飲むコーヒーは格別。

コーヒーは淹れる方法がいくつかあり、美味しいコーヒーを飲むためには何の道具を揃えたら良いのか悩まれている方も多いのではないのでしょうか?

そこでキャンプコーヒーを楽しむ僕が『コーヒーの淹れ方の種類と必要な道具』を紹介していこうと思います。

キャンプでコーヒーを飲む方法は3種類。

  • インスタント
  • バーコレーター
  • コーヒーミル

手軽さを重視するのか、こだわりのコーヒーに挑戦するのか。

自分にあった入れ方を考えながら記事を読んでもらえればと思います。

そんなわけで本記事では「キャンプで飲む美味しいコーヒー【必要な道具のまとめ】」について書いていきます。

ウルフマン
自分にあったコーヒーの淹れ方を見つけて、必要な道具を揃えていこう!

キャンプでコーヒー淹れる「3種類の方法」

キャンプ場でコーヒーを飲むには、コーヒーの淹れ方を決めて道具を揃えていく必要があります。

コーヒーの淹れ方は3種類。

  • インスタント
  • バーコレーター
  • コーヒーミル

手軽さや準備する道具の量、こだわり度などが違ってきます。

それぞれの特徴を僕なりにまとめると次の通り。

淹れ方インスタントバーコレーターコーヒーミル
手軽さ(時間)短時間お湯を沸かす程度豆を挽くので時間がかかる
大人数への対応人数分インスタントを準備するだけ一度に大量に作ることができる大人数には向かない
準備する道具ほぼなしバーコレーターミルなど色々と必要
こだわり度あまりない淹れ方が独特自分好みに
こだわれる

インスタントだと、道具も最小限で手軽にできるのでハードルはとても低いですが、こだわりのコーヒーを淹れられるかというと微妙なところ。

反対にコーヒーミルだと、ミルを準備してコーヒー豆を好みの細かさに挽くところから始まるので、こだわり度はとても高いですが準備する道具が多くハードルは高い。

ウルフマン
手軽に飲みたいのか、時間をかけても
こだわりの一杯を飲みたいのか考えてみよう。

スポンサーリンク

インスタントで手軽にキャンプコーヒーを楽しむ道具

インスタントコーヒーは、マグカップにドリップコーヒーをセットして、お湯を注ぐだけで出来上がるので準備物も少なく手軽にコーヒーを楽しむことができます。

準備するもの

  • インスタントコーヒー
  • マグカップ
  • お湯を沸かす道具

「マグカップ」や「お湯を沸かす道具」は他の方法でも共通して準備が必要になります。


ウルフマン
インスタントコーヒーは、好みのドリップコーヒーを見つける楽しさがあるよね!

チェックポイント

準備物が少なく、手軽にできるのが『インスタントコーヒー』

バーコレーターでキャンプコーヒーを抽出するための道具

バーコレーターは、コーヒー豆と水を入れて火にかけてコーヒーを入れる道具です。

コーヒーが抽出される過程を見ることができるので、見た目も楽しいですし火にかけて作るコーヒーはキャンプ向きの方法と言えると思います。

準備するもの

  • コーヒー豆
  • マグカップ
  • バーナー類
  • バーコレーター

バーコレーターで作る場合コーヒー豆は、ミルを使って豆を挽いても良いですし、あらかじめ挽いてある豆を使っても大丈夫です。

ウルフマン
普段はやらない淹れ方なので、キャンプならではの特別感が味わえるよ!


チェックポイント

普段使うことのないので、アウトドアならではのコーヒーが飲める『バーコレーター』

スポンサーリンク

ミルで豆を挽いて作る本格派キャンプコーヒーの道具

本格的なコーヒーをキャンプで飲みたい方は、コーヒーミルを使ったコーヒーがおすすめ。

他の方法と比べて準備する道具は増えますが、キャンプで自然を楽しみながら豆を挽いて入れるコーヒーは格別の美味しさと贅沢な時間ですよ。

準備するもの

  • ミル
  • フィルター
  • ドリッパー
  • コーヒー豆
  • マグカップ
  • バーナー類

コーヒー豆は、挽いた瞬間から風味が落ちていくので、飲む直前に挽くのがベスト。

ウルフマン
キャンプで飲むコーヒーを、こだわりたい人にはおすすめの方法だよ!


コーヒーミルは豆を挽くために必要な道具です。

いろいろな種類がありますが、豆を挽くときの粗さを調節できる機能がある方が、こだわりのコーヒーを淹れることができますよ。


挽いたコーヒー豆を濾過するために使うコーヒーバネット。

UNIFLAMEのコーヒーバネットなら、バネのような構造になっているので折り畳んで収納ができ間違いのない商品です。

チェックポイント

ミルならコーヒー豆の粒の細かさを変えられる。

色々と試しながら、好みを探すのもキャンプの楽しみのひとつ。

【共通】コーヒーを淹れるために必要な道具

どのコーヒーの淹れかたを選んだとしても共通で必要な道具があります。

  • マグカップ
  • ケトル(バーコレーターでは不要)
  • バーナー

ウルフマン
コーヒーに限らず、キャンプ料理をしたりする時にも使うので準備しておいて間違いない道具です。

お気に入りのマグカップで雰囲気もバッチリ

マグカップにはいろんな種類があり、カッコいいものから可愛いものまで色々ななマグカップが揃っています。

アウトドア向きで性能が良いものは、もちろんありますが僕としては見た目が気に入ったもので充分だと思いますよ。


高性能なマグカップの代名詞!

軽量・コンパクトなのでキャンプにもってこいの性能です。


2層構造なので保冷・保温ができ、値段も良心的で買い揃えやすい

ウルフマン
僕は、このコールマンのマグカップを使っているよ!

お湯を沸かすのに必要なケトル

コーヒーを淹れるのにはお湯が必要になるので、キャンプではケトルを使って湯沸かしをするのが一般的です。

1〜2人くらいの少量サイズから、ファミリーや調理用としても使える大きいサイズまであるので自分にあったものを選びましょう。


コンパクトなケトル

少量の水を沸かす程度なら十分使える


ステンレス製なので、バーナーだけでなく焚火にも使える

注ぎ口に蓋があり灰が入りにくい

ウルフマン
僕は、焚火に入れられて頑丈なコールマンのケトルを使っているよ!

>>【ファイアープレイスケトルをレビュー】コールマンの焚火の熱にも負けない高コスパケトル

バーナーでお湯を作る

ケトルを沸騰させるために、バーナーなどの火器類を準備が必要です。

シングルバーナーやアウトドアコンロなどが候補。


安心安全のSOTO製シングルバーナー

カセットボンベが燃料なので扱いもしやすく初心者向け。


カセットコンロなら使い方に悩まない。

土台がしっかりしているので調理用としてもバッチリ使える。

>>【レビュー】イワタニ「タフまる」はキャンプでのアウトドア調理に最強!

道具を揃えて素敵なキャンプコーヒーを飲もう!

この記事では「キャンプで飲む美味しいコーヒー【必要な道具のまとめ】」について書きました。

キャンプ場で飲むコーヒーは淹れ方が3種類あり、手軽さを重視するのか、こだわりのコーヒーを淹れたいのかなど目的に合わせて選ぶことができます。

淹れ方インスタントバーコレーターハンドドリップ
手軽さ(時間)短時間お湯を沸かす程度豆を挽くので時間がかかる
大人数への対応人数分インスタントを準備するだけ一度に大量に作ることができる大人数には向かない
準備する道具ほぼなしバーコレーターミルなど色々と必要
こだわり度あまりない淹れ方が独特自分好みに
こだわれる

この中でも、香りが良くこだわりのコーヒーを淹れたい方には、ハンドドリップコーヒーがおすすめです。

コーヒーミルなど準備するものがありますが、そのぶん自分好みのコーヒーを淹れることができるので、キャンプ場でゆっくりとした時間を過ごすときにピッタリですよ。


チェックポイント

ミルならコーヒー豆の粒の細かさを変えられる。

色々と試しながら、好みを探すのもキャンプの楽しみのひとつ。

また、コーヒーと合わせてキャンプ場で料理にも挑戦してみませんか?

ホットサンドメーカーを使えば、コーヒーに合う軽食を作ることができるので次のステップアップとしておすすめですよ!

>>【キャンプ初心者が揃えるべき】料理を作るために必要な道具一覧!

スポンサーリンク
おすすめの記事