【防水ファイアーライターのレビュー】ロゴスの失敗しない最強の着火剤

こんにちはライカン(@wolfman_camp)です!

火起こしって意外と難しくて、特にキャンプ・アウトドア初心者さんは苦戦しがちです。

着火剤を使わずに火をつける方法もありますが、保険のためにも着火剤は必ず準備しておく必要があります。

着火剤には様々な商品がありますが、「最強の着火剤」といわれ人気が高いのが、LOGOS(ロゴス)の「防水ファイアーライター」です。

その名の通り水に強く、たとえ濡れたとしても燃え続けるのでキャンプでの火起こしに失敗しません。

バーベキューなどで失敗せず確実に火起こしをしたいと思っている方には、かなりオススメのアイテムで火起こし作業が驚くほど楽になりますよ。

そこで本記事では「【防水ファイアーライターのレビュー】ロゴスの失敗しない最強の着火剤」について書いていきます。

メリット
  • 一発でスムーズに着火
  • 水に強く、濡れても燃え続ける
  • 高火力で長時間燃焼する
  • 臭いや煙も少ない
デメリット
  • 包装が薄く、間違えて開けやすい

スポンサーリンク

防水ファイアーライターの特徴

防水ファイアーライターは、キャンプメーカーのLOGOS(ロゴス)から販売されているキューブ型の固形着火剤です。

21個の製品がパッケージされている

写真のように800円で21個の製品がパッケージされているので、1個40円くらいの価格になりますね。

ライカン
カレーのルーみたいな包装だよね。

僕は、1回の火起こしで防水ファイアーライターを2つ使っています。

なので約10回分の火起こしをすることができますよ。

燃焼時間はおよそ10分

燃焼時間の目安は13〜17分と公式には載っていますが、この辺は使用環境によって変わってきます。

僕は、実際に使ってみると大体10分くらいは火力が出ているので、炭や薪への火起こしに使うには十分な燃焼時間と火力です。

水に強い

この製品の1番の魅力が水に強いことです。

防水ライターという名前の通り、多少水に濡れていても問題なく着火することができますよ。

ライカン
ロゴス公式サイトの製品情報でも防水力をアピールしているよ。

水に濡れても燃え続ける強力な火力。高火力で長時間燃焼するので、炭や薪の着火に最適。

気になりがちな煙の匂いの発生も防止する。完全防水仕様なので湿気ることがなく、緊急時の火種としても活躍します。

引用:ロゴス製品情報

雨の中で火起こしをすることはあまりないと思いますが、製品情報にある通り湿気に強いので長期間保管しておけるのもいいポイントですね。

防水ファイアーライターの使用感

LOGOS(ロゴス)の防水ファイアーライターの使用感についてご紹介していきます。

一発でスムーズに着火

着火剤って本当に色々ん種類があって、物によっては着火剤自体に火がつきにくい…。なんてものも経験してきました。

ですが、防水ファイアーライターでは一発で着火できるのでストレスなく火起こしができます。

燃焼時間が長いので火起こしの失敗経験なし

防水ファイアーライターの燃焼時間はおよそ10分間です。

これだけ燃え続けてくれると、炭でも薪でもしっかりと着火してくれました。

さらに、炎も真上に高く上がって広範囲の炭や薪に当たるので、他の着火剤に比べて燃焼効率がよく、確実に火起こしができます。

ライカン
今のところ、この着火剤のを使って火起こしを失敗したことがないよ!

煙や変な匂いなども気にならない

着火剤を使った火起こしで気になるのは、匂いや煙ですよね。

変な匂いがすると、せっかくのBBQが台無しになってしまします。

ですが、防水ファイアーライターを使ってみましたが、煙や変な匂いはありませんでした。

ライカン
なので焚き火だけじゃなくキャンプ料理の時にも使える着火剤です。

包装が破れやすいので注意

防水ファイアーライターを取り出すときは、裏側のアルミ箔を破いて製品を取り出すのですが、この包装が破れやすいです。

なので、出すつもりのない隣の包装まで開けてしまう事が何度かありました。

ライカン
個包装を開けるときは慎重に破るように気をつけているよ。
スポンサーリンク

防水ファイアーライターはこんな人おすすめ

コールマンの防水ファイアーライターは「キャンプ中に火起こしで失敗したくなくて、絶対的に安心できる着火剤が欲しい人」におすすめです。

水濡れに強い他、約10分間と燃焼時間が長いのでキャンプ中の最強の火付け役になります。

BBQや焚火などの、火付けに失敗するとキャンプの予定が崩れてしまうような場合では、保険として着火剤を持っておく事をオススメしますよ。

防水ファイアーライターの失敗しない火起こし

引用:Amazon

防水ファイアーライターを使った失敗しない火起こしの方法は簡単です。

  1. 防水ファイアーライターを2つ置く
  2. その上に、薪や炭を置く
  3. 防水ファイアーライターを着火
  4. 何もせずに10分ほど待つ

初めて火起こしをするような方でも失敗せずに着火ができますし、火起こしの失敗経験がある方は、ぜひLOGOS(ロゴス)の防水ファイアーライターを使ってみてください。

防水ファイアーライターのレビューまとめ

LOGOS(ロゴス)の防水ファイアーライターを使った感想をまとめてみました。

メリット
  • 一発でスムーズに着火
  • 水に強く、濡れても燃え続ける
  • 高火力で長時間燃焼する
  • 臭いや煙も少ない
デメリット
  • 包装が薄く、間違えて開けやすい

防水ファイアーライター の魅力は「高火力で長時間燃焼するので火起こしの失敗が少なく、匂いや煙もない」事です。

ライカン
火起こしをスムーズにできれば、快適なBBQや焚き火をする事ができるよ!

実際に使ってみて、火起こしを失敗したくない人にはオススメの逸品です。

ぜひ使ってみてくださいね!

スポンサーリンク
おすすめの記事