【キャプテンスタッグ レザーグローブのレビュー】焚き火やダッチにも使える!高コスパの逸品

ウルフマン
こんにちは、ウルフマンです!

焚き火やダッチオーブンなど、熱いものを運ぶときに必要になってくるのがキャンピンググローブです。

軍手などでもいいんですが、せっかくのキャンプだからこそ少し凝ったものを選んでみませんか?

今回ご紹介するキャプテンスタッグのレザーグローブは、高い値段のグローブを買うつもりがない方にオススメできる値段・性能をしています。

ウルフマン
2,000円代と安く、しっかりと手を保護してくれますよ!

ということで、キャプテンスタッグの「レザーグローブ」につしてご紹介していきます。

キャンピンググローブのまとめ
  • リーズナブルな値段
  • 手首までしっかりと覆える
  • 皮が柔らかいので握りやすい
  • 内側が綿生地なので肌触りもいい
  • 高価なものに比べると質は劣る

【キャプテンスタッグ】キャンピンググローブのデザイン・スペックは?

キャプテンスタッグのレザーグローブは牛革でできていますが柔らかくて握りやすいです。

さらに、内側は綿生地になっているので肌触りがいいです。

レザーグローブの大きさはS・M・Lの3種類あります。

大きさは次のとおりです。

項目/サイズSML
全長260mm260mm260mm
中指70mm75mm80mm
手の平周り200mm225mm245mm

ウルフマン
確認してみてね!

スポンサーリンク

【キャプテンスタッグ】レザーグローブの使用感

キャプテンスタッグのレザーグローブの使用感についてご紹介していきます。

皮が柔らかく握りやすい

キャプテンスタッグのレザーグローブは、皮が柔らかく握りやすいです。

ウルフマン
スキレットやメスティンを持つときも握りやすいですよ。

値段が安いので、汚れたら買い換えやすい

レザーグローブは、スキレットやダッチオーブンの他に、火起こしや焼き料理の時にも使いますよね。

なので、レザーグローブはとても汚れやすいです。

その点、レザーグローブは2,000円代で買うことができるので買い替えがしやすいです。

ウルフマン
安いレザーグローブだと、汚れたらすぐに買い換えることができますよね。

高級なレザーグローブだと勿体無いと感じる人には、オススメできるグローブです。

手首までしっかりと覆える

写真を見てもらうとわかるように、キャプテンスタッグのレザーグローブは手首までしっかりと覆うことができます。

なので、火起こしなどの時に火花が散っても手首までは覆ってくれるので安心ですね。

ウルフマン
グローブはある程度長いものを選ぶのが安全で良いよ!

キャンプでは、火や刃物を扱う場面が出てきますので、怪我のないように安全面はしっかりとしておきましょう。

皮は薄いので、厚いものが欲しい人には向かない

キャプテンスタッグのレザーグローブは、皮が柔らかいので薄いです。

熱々のスキレットを持った感じでは、長く持っていると薄いので熱さが伝わってきますが、普通に使う分には問題ありませんでした。

なので「皮が分厚いレザーグローブを求めている」という方にはオススメしません。

ウルフマン
皮が厚いものは値段が高いものが多いので、そこは値段と相談だね!

【キャプテンスタッグ】レザーグローブのレビューまとめ

キャプテンスタッグのレザーグローブを使った感想をまとめてみました。

レザーグローブのまとめ
  • リーズナブルな値段
  • 手首までしっかりと覆える
  • 皮が柔らかいので握りやすい
  • 内側が綿生地なので肌触りもいい
  • 高価なものに比べると質は劣る

キャプテンスタッグのレザーグローブの魅力は「柔らかい皮なので使いやすさとリーズナブルな値段」です。

キャンプでは、グローブはスキレットや火起こしなどいろいろな場面で使うので、汚れやすく真っ黒になってしまいます。

キャプテンスタッグは低価格なレザーグローブなので、買い替えのハードルが低く品質にも問題はありません。

ウルフマン
ある程度、消耗品だと思って使うのに向いているよ!

キャンプで料理や焚き火をするなら「グローブ」は持っておくべき必需品ですので、ぜひ使ってみてくださいね!

スポンサーリンク
おすすめの記事