【フュアーハンドランタン276 レビュー】キャンプの雰囲気を作り出す!初めに買って欲しいオイルランタン

ウルフマン
こんにちは、ウルフマンです。

キャンプ道具を揃える中で、外せないのが「ランタン」ですよね。

LEDタイプのランタンも便利ですが、本物の炎が照らすオイルランタンを使うと雰囲気抜群のキャンプ時間を過ごすことができますよ。

今回ご紹介するフュアーハンドランタン276は、キャンプ初心者にもオススメできる性能をしています。

ウルフマン
しかも6,000円台とリーズナブル!

ということで、オイルランタン「フュアーハンドランタン276」についてご紹介していきます。

フェアーハンドランタン276のまとめ
  • リーズナブルな値段
  • キャンプ映えするデザイン
  • LEDにはない炎の明かりの魅力
  • 虫が集まらない・さらにオイルで効果UP
  • ただし持ち運びにはケースが必須

フェアーハンドランタンのデザイン・スペックは?

フュアーハンドランタンは、1902年創業のドイツのフェアーハンド者が120年以上も前から製造してるランタンです。

引用:楽天市場

フェアーハンドランタンは豊富な種類のデザインをリリースしています。

おおかみ
自分好みのカラーを選べるので、キャンプサイトに個性が出せますね!

ちなみに、未塗装の「ジンク」は、他のデザインに比べて値段が1000円くらい安く購入することができます。

未塗装の「ジンク」でも、長期間使用することで色に味が出てきますよ。

ウルフマン
僕もジンクカラーを使っているよ!

さらに、フュアーハンドランタン276は風に強く多少の風では火が消えることはありません。

なぜなら、フェアーハンドランタンは写真の通り3つのパーツで成り立っています。

フェアハードランタンの仕組み
  1. オイルタンク
  2. ホヤ
  3. マントル

1番下がオイルタンクとなる燃料タンク、その上に明かりの風貌としてのガラス(ホヤ)、そしてホヤの中にある発熱をするマントルの3つのパーツで成り立ちます。

特に、ホヤが雨風に強いSUPRAX製の耐熱ガラスを使っているため、雨風にも強いですよ。

ウルフマン
風の強い火にも使えるから、最初のオイルランタンとしても優秀だね。

ホヤ部分は取り外しも簡単なので、ガラスの手入れもしやすいですよ。

スポンサーリンク

フュアハードランタン276の使用感は?

フュアハードランタン276の使用感についてご紹介していきます。

キャンプサイトに映えるデザイン

フュアーハンドランタン276は、そのシンプルなデザインだからこそキャンプサイトにあるだけでオシャレに見えてしまいます。

おおかみ
本格的なキャンプをしている気分になります!テンションは上々!

カラーバリエーションを変えることで、可愛いキャンプサイトを作る事ができるのも良いですね!

オイルランタンだから出せる「炎の魅力」

フュアーハンドランタン276は、LEDランタンには出せない炎の魅力があります。

実際にランタンに火を入れてみると、うっとりを見つめてしまうような雰囲気を出せますよ。

また、オイルタンク満タンに燃料を入れる事で、約20時間燃焼し続ける事ができます。

なので、1泊くらいのキャンプなら夜通し火をつけていても途中で消える事がないので安心ですね。

虫が集まらない。さらにオイルで効果UP

LEDランタンとは違い、フュアーハンドランタン276には虫が集まってきませんでした。

オイルランタンということもあり、「LEDランタンには虫が集まっていたがフュアーハンドランタンには虫がいない」という状況になっていました。

ウルフマン
虫が苦手な方にもオススメ!

さらに、燃料を虫除け用にすることによって、さらに虫除け効果がありますよ。

このオイルは、実際に使っていますが、虫除け効果を確かに感じていますので、ぜひ燃料に使ってみてください。

光量はそれほどない。別途明かりが必要

フュアーハンドランタン276の明かりは雰囲気は最高ですが、明るさは手元を照らす程度です。

なので、別途明るさを確保できるランタンの準備が必要です。

ウルフマン
雰囲気用のランタンと感じました。光量はあまり期待できないかも。

持ち運びに注意。でもランタンケースで安心

フュアーハンドラン276は、ホヤの部分がガラス製なので持ち運びには注意が必要です。

ですが、ランタンケースを一緒に購入することで、キャンプに持っていく時に落としたりするリスクを回避できるよ!

ウルフマン
サイズがぴったりなケースのうち、オススメ2選を紹介するね!

Oregonian Camper(オレゴニアンキャンパー)

迷彩柄のオシャレな俺後にアンキャンパーのギアバックです。

付属している取り外し式の仕切りを使うことで、ホヤをしっかり守る事ができますよ。

CHUMS(チャムス)

チャムスのロゴが可愛いマルチケースです。

フュアーハンドランタンがぴったり入る!とレビューが多く、このマルチケースを使っている人も多いです。

フュアーハンドランタン276の着火方法は?

フュアーハンドランタンの着火方法はとても簡単です。

キャンプ初心者の方でも迷う事なく火をつける事ができます。

ウルフマン
3STEPで解説していきます!

STEP①:芯のカット

フュアーハンドランタンを使う前に、芯のカットをしましょう。

芯の両端をカットして、台形状にする事で炎の形が安定して綺麗になります。

ウルフマン
毎回する必要はないけど、気になったら切ってみよう!
手順は次の通りだよ。

芯のカット方法
  1. トップリングに指を入れてゆっくりと上に持ち上げる
  2. ホヤ(ガラス)を横に倒す
  3. 芯をカットする

まず、トップリングに指を入れてゆっくりと上に持ち上げましょう。

トップリングを引き上げると、ホヤ(ガラス)が外れるので、横に倒します。

ウルフマン
給油口とは反対の方向に倒そう!

そうすると芯の部分が見えてくるので、台形の形にカットすれば完成です。

STEP②:燃料補給

燃料キャップを外し、ランタンオイルまたは灯油を入れましょう。

燃料には色々な種類がありますが、僕がよく使うのは虫除け効果のあるこちらのタイプです。

燃料を入れると、芯に燃料が浸透するまでしばらく待ちます。

ウルフマン
30くらい待てばOKだよ!

STEP③:着火

ホヤの上下ハンドルを使って、ホヤをせり上げます。

そうすると、隙間ができるのでそこから芯にライターなどで着火しましょう。

ホヤの上下ハンドルを戻せば、着火作業は完了です!

芯は出しすぎると、煤が出たりホヤが汚れたりするので注意しましょう。

シンプルなデザインなので、難しい作業もなく簡単にランタンに火をつける事ができます。

ウルフマン
これなら、キャンプ初心者でも失敗なくランタンに炎をつける事ができるね!

また、フュアーハンドランの不具合については、やまさんのこちらの記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

フュアーハンドランタン276のレビューまとめ

引用:楽天市場

フュアーハンドランタン276を使った感想をまとめてみました。

フェアーハンドランタン276のまとめ
  • リーズナブルな値段
  • キャンプ映えするデザイン
  • LEDにはない炎の明かりの魅力
  • 虫が集まらない・さらにオイルで効果UP
  • ただし持ち運びにはケースが必須

フュアーハンドランタン276の魅力は「デザイン性とオイルランタンの炎の魅力を低価格で味わえる」ことです。

キャンプ映え間違いなしのデザイン性とオイルランタンならではの炎は、キャンプの雰囲気を一気に盛り上げてくれます。

そのうえ、Amazonで6000円代で手に入るとなるとコスパが良すぎます。

ウルフマン
虫除け効果もとても助かりますしね!

実際に使ってみて光量やランタンケースが必要なことはやや気になりますが、キャンプの雰囲気を高めたい方にはオススメの逸品です。ぜひ使ってみてくださいね!

スポンサーリンク
おすすめの記事