△デュオキャンプに必要な道具

キャンプで調味料は何を持っていくか?【必須級から便利なものまで網羅版】

キャンプに持っていく調味料

キャンプの時は、張り切って料理をするライカン(@wolfman_camp)です。

BBQや焼き肉などをするなら、極端な話「焼肉のたれ」さえあれば何とかなるのですが、本格的な料理をするなら調味料の準備が必要になります。

そこで本記事では

  • キャンプに必ず持っていく調味料
  • あったら便利な調味料
  • 調味料の減らし方
  • 一緒に準備したい道具

について紹介していきます。

ライカン

実際にキャンプをする筆者目線で、調味料を選んでいきます!

キャンプで料理をするために準備したいものについてはこちらの記事からどうぞ。

目次(クリックでジャンプ)

キャンプに必ず持っていきたい6つの調味料

キャンプに必ず持っていきたい調味料は6つあります。

基本的に今から紹介する調味料があれば、料理を作るときの味付けには困らないです。

  • 油(オリーブオイル)
  • 焼肉のたれ
  • しお
  • こしょう
  • ポン酢
  • アウトドアスパイス

油(オリーブオイル)

調味料に入れるか悩みましたが、料理をするときの必需品。

油は炒め物などの料理をするときに必ず必要になってきます。

サラダ油よりもオリーブオイルの方が使いやすいですしアヒージョなども作れるので持っていくと便利です。

焼肉のたれ

焼肉のタレは、キャンプ料理における万能調味料といっても良いでしょう。

BBQやチャーハンなど味付けに困った場面で重宝するので、持っていくと便利ですよ。

ニンニク入りの定番ダレもいいですし、塩ダレなども準備しておくと味に飽きなくていいと思います。

しお

塩は、基本的な調味料のひとつ。

キャンプ料理の味が「イマイチだなぁ…」ってときにも塩で味を整えることができますし、必要になる場面は多いです。

こしょう

こしょうも塩と同じ用途でキャンプに持っていきたい基本的な調味料です。

スパイス的にもキャンプでの肉料理に合いますよ。

ポン酢

キャンプでは味が濃いものが多くなりがちで、さっぱりとしたものが食べたくなります。

ポン酢があると味がガラッと変わりますよ。

アウトドアスパイス

肉料理との相性が抜群のアウトドアスパイスです。

有名なものだと「ほりにし」などがあり、ステーキ肉や鉄板焼きなどの肉がメインの料理はもちろん合いますし、海鮮焼きに振っても美味しいです。

アウトドアスパイス ほりにし
¥1,980 (2022/12/30 22:44時点 | Amazon調べ)

あったら便利な調味料

必ず持っていきたい調味料の次は「あったら便利な調味料」を紹介します。

料理の味にアレンジをしたり、風味づけに使えるのであると便利ですよ。

  • レモン汁
  • 砂糖
  • 醤油
  • めんつゆ
  • ニンニク・生姜チューブ
  • コンソメスープの素
  • バター
  • マヨネーズ

レモン汁

レモン汁は、肉との相性も良く牛タンや鶏肉などをさっぱりと食べたり、サラダにかけて食べるのに使えます。

砂糖

砂糖は料理の味付けにも、コーヒーなどのドリンクにも使えます。

醤油

醤油は、基本的な調味料なので使う場面は多いですし、海鮮焼きには必須です。

酒は、臭みとりに使えたり、酒蒸しなどをする場面で使えます。

ニンニク・生姜チューブ

ニンニクや生姜など、使いたいけれどそのままだと大きくて余ってしまうので、チューブタイプのものを持っていくと便利です。

コンソメスープの素

コンソメスープの素があると、手軽にスープが作れるので朝ご飯で活躍します。

バター

海鮮、特にホタテやイカなどを焼くときに入れると美味しさが倍増しますよ。

持っていくときには、溶けないように注意が必要です。

マヨネーズ

マヨネーズは、バターの代わりとしても使えますし、サラダなどを食べるときやホットサンドを作るときの味付けに向いています。

キャンプに持っていく調味料の減らし方

キャンプに持っていく調味料は、意外と多くなりがちです。

そんな人のために、キャンプに持っていく調味料の減らし方を2つ紹介します。

調味料の減らし方
  • 作る料理を決めておく
  • コンパクトな入れ物・調味料を準備する

作る料理を決めておく

まずは、キャンプで作る料理を準備の段階で決めておくこと。

「家で準備→買い出し→キャンプ場」という流れの方が多いと思いますが、買い出しの時に料理を決めると家で準備しておく調味料がどうしても増えてしまいます。

なので、あらかじめキャンプで作る料理は決めておいて、必要な調味料がわかる状態で準備をするようにできると、持っていく調味料を減らすことができますね。

コンパクトな入れ物・調味料を準備する

家庭用の調味料は、キャンプに持っていくとなると大きいものが多いです。

そのまま持っていくと荷物になってしまうので

  • コンパクトな入れ物に詰め替える
  • 小さな調味料を買う

などで、容量を減らしておくと便利ですよ。

ライカン

100均や無印などで小さな入れ物を準備しておくと使いやすいよ!

調味料と一緒に準備したい調理道具

調味料と一緒に準備したい道具は「スパイスボックス」です。

ソフトタイプやハードタイプなどがありますが、調味料などをまとめておくと料理を作るときに使いやすくて便利ですよ。

▼ソフトタイプ

コールマン(Coleman)
¥1,984 (2023/02/06 06:17時点 | Amazon調べ)

▼ハードタイプ

tent-Mark DESIGNS
¥6,578 (2023/02/06 06:17時点 | Amazon調べ)

キャンプに持っていきたい調味料のまとめ

本記事では「キャンプで調味料は何を持っていくか?【必須級から便利なものまで網羅版】」について書いて書きました。

筆者がキャンプに持っていく調味料で必須級は次の6つです。

  • 油(オリーブオイル)
  • 焼肉のたれ
  • しお
  • こしょう
  • ポン酢
  • アウトドアスパイス

また、キャンプに持っていくとなると家庭用の調味料の大きさだと、どうしても大きくて荷物になってしまうことも多いです。

なので

調味料の減らし方
  • 作る料理を決めておく
  • コンパクトな入れ物・調味料を準備する

などの対応をすることが一般的ですよ。

そして作りたい料理によって必要な調味料は変わってくるので、料理に応じて変えるのが1番です。

持っていく荷物を減らせますし、忘れ物をしにくくなりますからね。

ライカン

キャンプ料理で調味料の忘れ物は致命的だからね…

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2人でキャンプはじめませんか?
当サイトでは、デュオ向きのキャンプ道具・ノウハウを紹介。
初心者向けに書いているので、難しい言葉を使わずに分かりやすい情報をお届けしていきます。
TwitterやInstagramでも発信中!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次(クリックでジャンプ)