LOGOS【ポータブル火消し壷】レビュー!キャンプで炭の片付け・再利用可能なギア

ウルフマン
こんにちは。キャンプ大好きウルフマンです!

キャンプの時に使った後の炭の後片付けって、すごく面倒ですよね。

単純に水をかけてしまうと炭や焚き火台もビシャビシャになり、キャンプ場での片付けがやりにくくなってしまいます。

ウルフマン
焚き火台が熱いうちに水をかけるのは、老朽化の原因になるから注意しようね!

今回ご紹介するLOGOS「ポータブル火消し壷」は炭をしっかり密封でき、次回に再利用もできるようになりますよ。


ポータブル火消し壷のレビューまとめ
  • 持ち手付きで安全に運べる
  • デザインがカッコいい
  • ねじ式のふたなので、倒れても安心

ウルフマン
レビュー記事いきましょー!

LOGOS「火消し壷」の基本情報

LOGOSから発売されている「火消し壷」は、アルミ製でしっかりとした構造をしており、変形もしにくいので長く愛用することができる製品です。

大きさが、ポータブルマイティーの2種類がありますので、自分のキャンプスタイルに合わせてサイズを選びましょう。

この記事に出てくる写真は、ポータブル火消し壷の写真になっています。

名称ポータブルマイティー
メーカーLOGOS
商品サイズ外寸:17×21.8㎝
内寸:13.5×16.5㎝
外寸:20.5×27㎝
内寸:16.9×20㎝
重量1.5Kg2.5Kg
材質アルミ製
価格5,900円8,140円

⬇︎ポータブルサイズ


⬇︎マイティーサイズ


サイズ選びですが、2〜3人くらいでキャンプをする時に使う炭の量なら「ポータブルサイズ」でも問題なく処理ができますよ。

アルミ製で割と重量がありますが、その分熱にも強く、変形がしにくいので長期間使用することが可能です。

それに、デザイン面もカッコいいので、自分のキャンプの雰囲気を壊すことなく使用できるのも魅力的です。

ポイント
  • 3人くらいまでならポータブルサイズでOK
  • デザインもオシャレ

スポンサーリンク

LOGOS「火消し壷」を購入した理由と4つの魅力

キャンプ中の炭の処理ってしっかり準備していないと、かなり困りますよね。

キャンプ場によっては炭の廃棄場所があったりしますが、火消し壷があると炭の再利用ができて経済的なので是非とも準備しておきたいキャンプ道具です。

キャンプ用の火消し壷を探している中で、最終的に購入したものがLOGOSの「ポータブル火消し壷」した。

僕が「ポータブル火消し壷」の購入を決めた4つの魅力に焦点を当てて詳しくレビューしていきたいと思います。

4つの魅力
  1. 持ち手付きで安全に運べる
  2. デザインがカッコいい
  3. ねじ式のふたなので、倒れても安心
  4. 再度使うときも、しっかり炭が残っている

①:持ち手付きで安全に運べる

火消し壷は高温の炭を入れるので、容器自体がかなり高温になります。

ポータブル火消し壷には持ち手があるので、高温の炭を入れた後すぐでも運ぶことができるのは嬉しいポイントです。

しかも収納時にはぴったりと壷に張り付く形になるので、持ち手が邪魔になることもありません。

②:デザインがかっこいい

キャンプに持っていく道具なら、デザイン製も欠かせませんよね。

いくら機能的でも、デザインが気に入らないとキャンプに持っていく気になりません。

個人的な意見ですが、LOGOSの火消し壷はデザイン面もとても好きなタイプです。

キャンプに持っていきたいと思えるのはとても大切なポイントですよね。

③:ねじ式の蓋なので倒れても安心

LOGOSのポータブル火消し壷はねじ式の蓋を閉めることで密閉することができます。

しっかりと閉まるので、キャンプ場からの帰りに車の中で倒れたとしても、中身がこぼれにくい構造になっています。

注意喚起のマークがあるのが地味に嬉しいですね。

④:再度使うときにも、しっかりと炭は残っている

炭を鎮火した後、再利用するために蓋を開けてみましたが、しっかりと炭は残っていました。

密閉ができていないと、炭がなかなか鎮火できず炭の形が残らなかったりしますが、ポータブル火消し壷は問題なかったです。

LOGOS「火消し壷」のちょっと気になるポイント

LOGOS「ポータブル火消し壷」は、キャンプに持っていきたくなる魅力がしっかりありますが、逆に使っていてちょっと気になるなと思うポイントも出てきました。

それは、「蓋を閉めすぎると開きずらくなる」ことです。

ねじ式の蓋だからなのかもしれませんが、熱々の炭を入れた後に少し閉めすぎると、熱のせいで次に開けるときに少し手間取ってしまいます。

ウルフマン
閉めすぎには注意が必要だね!

スポンサーリンク

LOGOS「火消し壷」を使えば炭を再利用できる

キャンプで使った炭は、火消し壷を使って鎮火すれば、再利用して次のキャンプで使うことができます。

キャンプの度に炭を購入しなくてもいいので経済的ですよね。

炭はだんだんと灰化していって小さくなっていきますが、ある程度の大きさまではなんども使うことができますよ。

LOGOS「火消し壷」のレビューまとめ

LOGOSの「ポータブル火消し壷」は、使いやすさ・安全性・デザイン製とキャンプ場で炭を使うなら持っておきたい商品です。

今回は4つの魅力に焦点を当てて詳しく紹介していきました。

4つの魅力
  1. 持ち手付きで安全に運べる
  2. デザインがカッコいい
  3. ねじ式のふたなので、倒れても安心
  4. 再度使うときも、しっかり炭が残っている

キャンプ場で炭を使って料理をしたい!と考えている方にはオススメしたい商品です。

キャンプ場を使った後に綺麗な状態で帰るためにも、炭の後始末はしっかりと準備しておくのがキャンプの鉄則です、

ぜひ使ってみてくださいね!

⬇︎ポータブルサイズ


⬇︎マイティーサイズ


スポンサーリンク
おすすめの記事